「Zoom」対抗馬が続々、ビデオ会議大競争の行方

グーグル、アマゾンが仕掛ける強力包囲網

機能面でズームに追いつこうとする動きが鮮明になっているが、グーグルミートを含むオフィスソフト群「G Suite(Gスイート)」の事業を統括するグーグルのバイスプレジデント、ハビエル・ソルテロ氏は、東洋経済の取材に対して「(ビデオ会議の領域に)競合がひしめいているのは明白だ。ただ基本方針はユーザーに選択肢を提供すること。多くの人が信頼して使ってくれる製品を作っていくだけだ」と述べるにとどめた。

グーグルミートでは以前から会議の主催者に、ほかの参加者の承認や拒否、会議中のミュートや削除などの制御機能を提供している。また個人アカウントが主催した会議には、グーグルアカウントを持たない匿名ユーザーは参加できないようにしている。

「あなたが家に人を招待するとき、招待されていない人を招き入れることはないし、招待された人はドアをノックして、あなたは誰が来たかを確認して家に入れる。そうした社会の常識を考えて、ビデオ会議のサービスも設計されなければならない」。ソルテロ氏はそう指摘し、不審者の侵入を許したズームを牽制する。

グーグル「ハングアウト」は全面終了へ

4月末からは、グーグルミートを法人向けだけでなく、個人向けにも提供し始めた。同社はビデオ通話やチャット機能を持つ「ハングアウト」を2013年から展開しているが、法人向けは機能を拡充したグーグルミートや「Google Chat(グーグルチャット)」に順次移行する方針を示していた。ソルテロ氏は「個人向けのハングアウトも2020年中に終了し、ミートとチャットに移行する」と明らかにした。

グーグルのビデオ通話アプリ「Duo(デュオ)」はコロナ禍で利用が拡大。グーグルミートとの棲み分けは今後検討が進むとみられる(画像:Google)

コロナ禍では企業だけでなく、個人の間でもビデオ通話が大きく広まった。グーグルが従来提供するスマートフォン向けビデオ通話アプリ「Duo(デュオ)」は、「世界中で記録的な(利用の)伸びをみせている」(ソルテロ氏)という。

グーグルはこの5月、これまでバラバラの部門に散らばっていたデュオやミート、スマホOS「Android(アンドロイド)」に搭載されている電話やショートメッセージ(SMS)といった個人向けのコミュニケーションアプリ事業を1つの事業部に統合した。

グーグルはソーシャルメディアの「Google+(グーグルプラス)」やチャットアプリ「Allo(アロ)」などで撤退に追い込まれるなど、コミュニケーション分野は不得手とされてきた。新部門の責任者も兼任するソルテロ氏は、「グーグルのサービスのユーザーが、そのときどきのコミュニケーションに最適なツールを使えるようにするための明確な道筋を見つけようとしている」と話す。

次ページアマゾンも競争に参戦
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT