日産社長が激白!「批判には結果で応える」

内田社長が語った過去の反省と再生シナリオ

――内田社長は先日の記者会見で、「過去の事業展開でサプライヤーにも大きな負担を強いた」と反省の弁を述べました。日産の生産台数が低迷する中で、厳しい値引き要求にサプライヤーは悲鳴を上げています。サプライヤーとの関係をどう再構築していくつもりですか。

ご指摘のとおりで、過去の拡大路線の中では生産台数を大幅にストレッチした。展開地域でわれわれが掲げた台数を前提に、サプライヤーに投資してもらったが、急に販売台数が落ちる状況を招いてしまった。そういった意味で、すべてがそうだというわけではないが、大きくミスリードしてしまった点もある。

購買畑が長い内田社長にとって、サプライヤーとの関係再構築は重要な課題の1つだ(写真:日産自動車)

一方で、われわれが時代に合わせて、サプライヤーとの関係をつねに進化させてきたかと言うと、もう少し工夫が必要だったのだろうと思う。これからの自動車事業を考えると、日産が単体でできるようなビジネスではなくなってくる。

技術の知見はサプライヤーの方が先行しているものもある。いままでのやり方を見直して時代の進化に合わせたようなサプライヤーとの関係を検討する必要がある。日産はこう変わるべきだと意見をもらって、それを参考にしながらやっていきたい。

私自身のことは二の次、三の次

――内田社長に対して、「危機感に乏しい」とか「リーダーシップを感じない」との批判も相次いでいます。

正直、びっくりするくらいそういった報道がされていて、計画を発表した後も続いている。1つ言えるのは、失礼な言い方になるかもしれないが、私がそういったノイズ的なものに反応するよりは、言ったことを実行することが重要だ。これは有言実行に尽きる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

確実に成果を見える化できないと、これからもいろんなご意見が出てしまうだろう。批判に反応することが私の優先事項ではない。社員が一丸となり、業績に結果として表れてくれば、そういった声はなくなってくると思っている。

批判に対して事実ではないと反論することはできるが、そこは私の優先事項ではない。私は自分のことは二の次、三の次だと思って日産をよくしたいと本当に考えている。従業員ともコミュニケーションを日々続けながらも、こうしたインタビュー取材を通してメッセージが伝わればいいと思っている。そういった気持ちでこういった取材にも積極的に応じていきたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT