日産社長が激白!「批判には結果で応える」

内田社長が語った過去の反省と再生シナリオ

――3社の協業では、特にルノーとの関係が注目されています。ゴーン氏逮捕の後は両社の関係が著しく悪化した時期もありました。三菱自を含め、各社が今回距離を縮めたのは、3社ともに業績が急激に悪化したことが背中を押した面があるのではないですか。

(ルノーとの関係について)いろいろな報道がされていたのを記憶はしている。社長に就任する直前の2019年11月末からAOB(アライアンス戦略の協議組織)には参加していたが、世間で言われていたような温度差はなく、アライアンスがさらに各社に貢献できるかという視点で議論していた。

今の各社の経営状況が3社の距離を縮めたのかというと、ないとは言えない。アライアンスは各社の競争力を強化するツールでありそれを使うことが大前提になっているので、この有事においては貪欲に使っていかないといけない。部品や資材の共同購買であったり、物流であったり、アライアンスは過去から大きな効果を出している。そのうえで、過去に採用した方法に一部で問題もあったので効率化という視点で見直したと理解してほしい。

ルノーとの経営統合、まったく考えていない

――アライアンスでは、例えば新車開発の現場で日産・ルノー間に主導権争いが起き、日産の開発陣に大きな不満が募ったというような事例もあると聞いています。

主導権争いがあったかどうか私は知らないが、両社間で主要機能の統合を急ぎすぎたところはあったと思う。仕事の重複がまったくなかったかというと、そうではなかった。アライアンスはどんどん進化していかなければいけないと思っているし、2~3年前に正しいだろうと思って踏み切ったことがうまくいかなければ、反省点を踏まえて変えていくという順応性が必要だ。

どの自動車メーカーを見ても、われわれのアライアンスは非常にうまくやってきたと思う。一方で、非効率な組織になっていたという部分もあった。その反省を踏まえて、各社が「選択と集中」をするのにアライアンスそのものもあわせていっているものだと理解してもらいたい。

――提携パートナーであるルノーは日産との経営統合を要求してきた経緯があります。ルノーのジャンドミニク・スナール会長は先日、「経営統合は考えていない。3社の協業で効率化を追求できる」と発言しました。現段階では「棚上げ」という状況なのでしょうか。

その「棚上げ」という日本語の解釈が非常に難しいが、私が社長に就任してからこの関連の質問は50回くらいもらっており、その都度、同じことを言っている。(経営統合の)議論はまったくしていない。(ルノーからの経営統合の要求について)社長就任前に報道などで見たが、そういった議論が過去にあったかについて私は承知していない。

現段階でもその議論が少しでもあるかというとまったくない。スナール会長とも三菱自の益子修会長とも一切話をしていない。どうしたらアライアンスが各社に貢献し、成長につなげられるのかという議論を続けてきている。いまは(資本関係の)見直しという話は一切していないし、そんなことを私は頭の中で考えてもいない。

次ページ日産で相次ぐ人材流出については?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT