安倍政権の経済対策は日本を必ず弱体化させる

この緊急策は何が根本的に間違っているのか

需要不足どころか、むしろ過熱するはずだ。理由は以下の3つだ。第1に、財政出動が前代未聞、「空前絶後」の規模で出されるからだ。トータルでの需要消失は2008年のリーマンショックなどを大きく下回るはずだが、対策はそれ以上。当然、過熱する。

第2に、失われた需要は、すでに過去のものだ。直近の極めて厳しいイメージが残っており、データは過去のものが出てくるから、インパクトを過大に感じるが、前代未聞なのはいわば過去3カ月だけ。それは終わった。これからは需要が戻ってくる。足元の需要はほぼ失われていない。

第3に、これまで自粛、我慢していた需要が一気に(分野によっては徐々に)出てくる。この3ヶ月の自粛していた需要が出てくるから、通常の需要とあわせれば、需要は過熱するのである。

次は生産サイドを見てみよう。こちらも何も失われていない。これこそ、危機的な不況においては前代未聞の出来事だ。需要のところでも述べたように、新型コロナで部品の遅れなどサプライチェーンの一部が寸断されたが、生産設備が傷んだわけではない。金融資本も生産資本であるから、こちらも傷んでいない。だから、ほとんど何も変化がない。

つまり、需要、供給、両サイド何も傷んでいないのである。したがって、通常の経済に戻るはずである。しかも直ちに戻る。それどころか、過熱リスクすらある。

人々は「過大な不安」にかられている

しかし、これは世の中の私以外全員の意見と逆である。なぜか。

世の中の人々は何かを過大に危惧し、私はそれを軽視しすぎているからである。それは、人々の心理、不安心理であり、それによる行動制約である。この結果、消費が控えられ、生産も制約が生まれる。この3カ月のショックのトラウマがもっともひどいのが官邸であり、その次が消費者である。

一方、生産サイドは、トラウマはないが、消費者がどこまで不安がっているのかが不安で、腰が引けている。工場で間隔を空けないと、というのは工夫次第で何とかなる。またレストランで間隔を取るからキャパシティが減るのは、一部の特定分野での出来事であり、供給サイドの心配は全体としては要らない。

したがって、経済対策としては、この人々の不安心理をどう捉え、その変化をどう予測するかによって変わってくる。政策議論の前提条件として最重要であり、以下、私の見方を簡単に述べてみたい。

次ページ「戻るところ」と「戻らないところ」が出る
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT