安倍政権の経済対策は日本を必ず弱体化させる

この緊急策は何が根本的に間違っているのか

内閣支持率も低下、「隠れ白髪」も増えたようにも見える安倍首相。本当に必要な対策とは何なのだろうか(写真:つのだよしお/アフロ)

新型コロナショック後の経済対策が出揃った。安倍晋三首相氏いわく「空前絶後」で、第2次補正予算も、第1次補正と同規模の総額117兆円となった。今回の記事では、日本経済の現状や見通しを冷静に議論し、本来必要とされる経済対策は何かを考え、政府に対する代案を提言したい。

今回の新型コロナショックの本質とは?

この連載の記事はこちら

まず、前提条件として経済の現状や見通しを整理しよう。5月30日配信の記事「日本に今度こそ『本当に深刻な危機』が来る理由」でも議論を少し行ったが、今回は日本に絞って整理、議論しよう。

現在、コロナ対応の行動制限は全国で解除され、最後に残った東京圏でも「東京アラート」なるものは発動しているが、段階的に制限が外れてきている。この結果、一部の業界を除いて、これまでの3カ月とは別世界の経済、以前の経済がおおむね戻ってくる。

まず、マクロ経済全体では需要不足は存在しない。理由は以下の3つだ。第1に、いわゆるストックは何も傷んでいない。つまり、大震災が起きたときなどと異なり、物理的な設備、農地などのストック資産、生産要素となる資本は何も傷んでいない。生産する気になれば、すぐに生産できる。したがって、経済全体のインフレは起きず、供給も需要も普通であるはずである。

第2に、金融資産が失われたわけではない。バブルに乗って無駄な投資をしてしまったわけでも、無駄に消費してしまったこともない。だから、金融資産は残っている。実際、株価は下落したが、日経平均株価で見るとショック前から9割以上回復した。

第3に、より重要なのは、金融資産だけでなく金融機関が直接傷んではいないことだ。今後、個別の企業が倒産することなどにより、貸付債権の劣化が進む可能性はある。だが、金融機関がバブルに投資して、資本を大きく毀損したことは今のところはなく、コロナショックで直接影響を受けていないセクターに貸し渋りを通じて波及する可能性は小さい。

次ページお金をバラまいた結果、どうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT