部下が自発的に動き出す、管理職の5つの心得

必要なのは「威厳」ではなく魅力的なビジョン

部下が自発的に動き出すには、「ビジョンメイキング」が重要です(写真:Kadek Bonit Permadi/iStock)
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

あなたは「ビジョン」を描けていますか?

あなたには、ビジョンがありますか? 仕事を任せるときに、部下があなたのビジョンに共感しているかは重要です。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

あなたのビジョンに共感していなければ、部下はただ与えられた作業をするだけです。ビジョンに共感した部下だけが自主的に考え、行動するようになります。

また、ビジョンがない状態だと、部下は何を目指せばいいのかがわからず、頑張る方向性もわからなくなります。

仕事を任せ、共通のビジョンに燃える部下をつくりたいのなら、あなたが魅力的なビジョンを描かねばなりません。

しかし、ビジョンとは何かを理解し、実際に描けているリーダーはまれです。「任せ上手の上司」になるには、ビジョンの重要性を正しく理解し、それを明確に描けるリーダーになる必要があります。

では、ビジョンがない組織には、どんな弊害があるのでしょうか。以下の5つが挙げられます。

次ページビジョンがない組織の5つの特徴
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。