部下が自発的に動き出す、管理職の5つの心得

必要なのは「威厳」ではなく魅力的なビジョン

① 問題を放置する

ビジョンがない組織は、問題があっても、それを解決しようとしません。向かう方向性が一致していないので、一生懸命解決しようにも、それが組織としていいことなのかすらわからず、取り組もうとしてほかのメンバーともめるくらいなら、放置しておいたほうがいいという判断になってしまいがちです。

その結果、皆が問題に気づきながら誰も解決しようとせず、ずっと同じ問題に直面し続ける状態になります。

② 他人のせいにする

問題を放置し続けた結果、「誰かこの状態を何とかしてくれ」とみんなが他力本願になります。「この問題が解決しないのは、優秀なリーダーがいないからだ」「あの人がいるから仕事が楽しくない」と皆が自分以外の誰かのせいにして、何も解決に向かわない状態になります。

時々誰かが立ち上がって変化を起こそうとすると、それを批判する人が現れ、他人のせいにして批判だけしている人」がいちばん合理的な行動だという、歪んだ風土ができあがってしまいます。

不満が出続け、「ことなかれ主義」の組織に…

③ 愚痴と噂話が多い

とはいえ問題はなくなりませんから、仕事をするうえでは不満が出続けることになります。解決に向かわない不満は愚痴に変化し、気の合うメンバーでグループができあがり、内輪で誰かを悪者にする愚痴り合いが横行します。

何かネガティブな情報は、噂話として瞬時に伝わるものの、誰もそれを直接本人に確かめるようなコミュニケーションが存在しないので、噂話が真実としてはびこってしまいます。

④ 全体的に覇気がない

その結果、組織には「もっとよくしていこう」という意欲や気概を持った人が減り、覇気が失われ、「ことなかれ主義」の組織になります。

⑤ 変化を嫌う人が多い

この状態が長く続くと、変化すること自体がおっくうになり、変化しようとする人を叩く、「出る杭を打つ文化」へとまっしぐらです。

いかがですか、こんな組織、嫌ですよね。仕事を任せようと思っても、こんな組織では誰も新しい仕事をやりたがらないし、任せ方が少し雑だっただけで、ものすごい悪評を陰で言われるような体質になってしまいます。そこには、一緒に目指す仲間意識や助け合いの精神は存在しません。

そして、これら5つの特徴は「組織にビジョンがないこと」によって、徐々に広がっていきます。さらには、組織を変えようとする優秀な人ほど、その組織からいなくなるという悪循環が生まれてしまいます。

次ページリーダーがビジョンを描けない理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT