勝負師が語る「流れに乗れる・乗れない人」の差

桜井章一「流れを止めると運は逃げていく」

麻雀がツモって切る、捨てるという行為を繰り返す中で「流れ」が生まれるように、知識だってなんだって、不要になったら捨てることで「流れ」が生まれる。その流れがどこかでせき止められたら、よどんで腐臭を発するようになるんじゃないだろうか。

きれいに捨てることができるか? 捨てることのほうが大事だし、難しいことだと思う。だからこそ何でも得よう、自分のものにしようというのは不自然なことだし、間違っているのだと思う。

麻雀は流れを重んじるけれど、同じように自然にも流れがある。自然の摂理が麻雀というゲームの卓の上でも展開するのだと思う。流れは一方的なものではなく、循環している。海の水は蒸発して雲になり、それが風に流されて陸地や山にぶつかることで雨や雪を降らす。

麻雀の卓にも自然の摂理が現れる

その水は渓谷を下り、平野に流れ込み大地を潤す。それによって草木や農作物が育つ。そして大河の流れとなって海に注ぐ。この地球にはこうした水の大循環があるからあらゆる生き物が生きることができる。また大気だって樹木や草の緑が二酸化炭素を取り込み、酸素を吐き出す。一方で動物たちはその酸素がなければ生きていけない。酸素を取り込んで二酸化炭素を吐き出し、エネルギーを取り出している。

『「実戦」で身につけた本物の教養』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

大気の循環があるから、あらゆる生物が生き永らえることができる。あるいは食物連鎖もあるよね。草木が太陽エネルギーを光合成によって固定化し、根や葉、実をつける。それを草食動物が食べ、肉食動物が草食動物を食べる。それらの個体が死ぬと微生物によって分解され、草や木、農作物の栄養素となる。

私たちの肉体も、血液が循環しているから命が保たれている。あらゆるものが必要な形で循環し、互いを支えている。それが自然の実相であり、命の実相でしょう。循環するものは大事だし、それを大切にしなくてはならない。誰かがその流れをせき止め、自分だけ得ようとしたら循環は止まり、結局自分も含めてすべてが死んでしまう。

麻雀の卓にも、そんな自然の摂理が現れると言いました。だから相手を邪魔する麻雀ではなく、相手が必要としているものを投げかける。そして相手の手助けをする。そういう気持ちで麻雀を打ち、思考と行動で実践することが、理にかなっていると考えている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT