コロナ禍の父親「仕事も育児も」どう乗り切る

育休経験も活きた「子どもと在宅勤務」の現実

青地:うちは毎日妻と調整はしますけど、それでもミーティングや商談が重なってしまうときもあります。そういうときに限って子どもの機嫌が悪くなってしまう。八方ふさがりですよね。

小山:そういうときはどうするんですか?

青地:さすがにこの環境下なので相手も理解してくれますから、社内外問わず「すみません」とお伝えして、子どもを登場させることもあります。かえって商談が和むような気もしていますね。あらかじめこちらの状況をお伝えして、ご理解いただくようにお願いもしています。

コロナで家族との時間の大切さを実感した人は多い

小山:子どもがいての在宅勤務は、会社の理解や働く環境がカギになりそうですね。「なぜ男性なのに育児を?」という目で見られてしまうと、皆さんの働き方はきっと成立しないですよね?

田所:社内の年齢構成比でいうと、30〜40代社員がボリュームゾーンということもあり、会社のカルチャーとしても「家族第一優先」が明言されています。確かに育児によって仕事が滞るようなことがあっても「怒ることじゃないよね」という空気はありますね。

青地:思うようにいかないことはあるものの、1歳9カ月になる子どもがどんどん言葉を覚えていく姿を毎日見られていることは、とっても幸せなことだと感じています。大変さはありますけど、かけがえのない時間であることには間違いありません。

今回のコロナによって、家族との時間の大切さを実感した人は多いでしょうし、男性が育児をすることへの理解が進んでいくといいなと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT