みずほ証券の控訴で泥沼化、東証を悩ます巨額賠償

みずほ証券の控訴で泥沼化、東証を悩ます巨額賠償

みずほ証券の思わぬ“抵抗”で、東京証券取引所は重苦しいムードを抱えて越年した。「世界最高水準」を自負し、1月4日の大発会から稼働させる高速取引システム「アローヘッド」でも、心機一転といきそうにない。

株の誤発注をめぐり、みずほが賠償を求め東証を提訴してから3年余り。ようやく収束するかに見えた争いは、控訴でむしろ泥沼化しそうだ。

「実に残念だ」。昨年12月22日の定例会見で、東証の斉藤惇社長は語気を強め、不満をあらわにした。「証券取引所は、証券業者が作ったもの。みずほも当社の株主で、取引所が栄えることを期待しているはずだ。それなのに、自分が間違い(株の誤発注)を犯して損したからと言って『カネよこせ』と。そんなことは世界中どこにもない」。

実際、取引所と証券会社が裁判で争うのは前代未聞といわれる。12月4日、東京地方裁判所の判決を受け、東証は控訴を見送り、賠償金107億円(別途に金利分など)の支払いに応じる意向を示す。内容に不満があるとはいえ、自らが先に矛を収めれば、相手も同調すると踏んでいた。

しかし、現実は逆。みずほは判決を不服として18日に控訴を表明。被告の東証も、対抗上、控訴(附帯控訴)へ転じざるをえない事態に追い込まれた。

地裁が認定した過失

誤発注事件が起きたのは2005年12月8日。みずほが東証マザーズに新規上場したジェイコム株の委託注文を執行する際、「1株61万円」の売り注文を、誤って「61万株1円」と入力。結果、407億円もの売却損が発生する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。