アイス好きな人に知ってほしい「売れ筋」のキモ

トップ3商品は定番、自粛下での売れ行きは?

ただし、その伸びも鈍化している。

別の調査結果も紹介しよう。アイスクリームプレス社が5月22日に発表した速報値で、2019年度の全体販売実績は「4940億円」(対前年比98.6%)と大台を割り込んだ。いずれにせよ約5000億円の市場規模と認識したい。

以前とは異なり、冬に楽しむ「冬アイス」の効果も大きく、データによっては「夏アイス65%:冬アイス35%」(夏アイスは定番商品+春夏向け商品、冬アイスは定番商品+秋冬向け商品が中心)の割合ともなり、冬アイスの売り上げが高まっている。

だが2019年は、稼ぎ時の7月が記録的な冷夏で過去最大の落ち込みとなり、年間の数字は伸び悩んだ。必ずしも盛夏商品でなくなったとはいえ、やはり最盛期の夏が長雨や低温では伸び悩むのだ。ちなみに昨年7月は、清涼飲料全体でも「対前年比81%」だった。

「売り上げトップ10」は何か

ブランド別の売り上げでは、「エッセルスーパーカップ」「パピコ」「ジャンボモナカ」(メーカーでは「ジャンボグループ」と呼ぶ)の順となった。上位の顔ぶれは、ほとんど変わらない。

なお、これらは単品ブランドのランキングで、別枠では、シリーズ全体の売上高で500億円を超える「ハーゲンダッツ」(ハーゲンダッツ ジャパン)がある。

興味深いのは、大半がロングセラーブランドであること。

首位の「明治 エッセルスーパーカップ」は1994年の誕生。今年で26年となる。発売時は当時の「150ミリリットルで100円」のアイスの常識を破ろうと「200ミリリットルで100円」にした。濃厚で量も多い商品にするため、「乳脂肪ではなく植物性脂肪13%と卵黄脂肪で旨みを出した」(同社)。今でも大容量のお得感を訴求し続けている。現在のメーカー希望小売価格は140円(税別)だが、価格改定後も消費者の支持は高い。

さらに「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s」シリーズ(分量は172ミリリットル、メーカー希望小売価格は220円+税)では、定番フレーバーの「苺ショートケーキ」に加え、さまざまなシーズンフレーバーを展開。シリーズ名のとおり、スイーツを意識した商品で、これらも売り上げ拡大に貢献している。

次ページなめらか食感で好調な「パピコ」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。