一気に重症化「子どものコロナ」語られない怖さ

肺炎だけが症状と思い込むと見過ごす可能性

突然心不全に襲われ入院したジャック・マクモローさん。これまで特に健康上の問題は抱えていなかった(写真:Gabriela Bhaskar/The New York Times)

4月中旬、ジャック・マクモローさん(14)の手に赤みを帯びた発疹が出てきたとき、ジャックさんの父親はこう考えた。手の消毒剤を使いすぎたせいだろう。新型コロナウイルスが大流行していることを考えれば、まったく悪いことではない。

息子の目が充血しているように見えたときも、両親はこう考えた。夜遅くまでビデオゲームをしたり、テレビを見たりしていたせいだろう。

わずか10日で血圧は危険なまでに低下

腹痛を起こし、夕食が食べられなくなったときも、「両親はぼくがクッキーを食べすぎたせいだと考えていたんだ」とジャックさんは言う。ジャックさんはニューヨーク市のクイーンズ区に住む9年生(日本の中学3年生に相当)で、マーベル・コミックの大ファン。「天国への階段」のギター演奏を独学でマスターする野望を持っている。

しかし、それから10日間のうちに、ジャックさんの体調は急激に悪化していった。両親はオンライン診療で担当の小児科医に相談し、週末に開いている救急診療所に息子を連れていった。朝、目を覚ますと、ジャックさんは動けなくなっていた。

リンパ節はテニスボール大に腫れ、激しい高熱が出ていたほか、心拍数は大きく上昇し、血圧は危険なまでに低下していた。ジャックさんが言うには「ズキズキと刺されるような痛み」が洪水のように押し寄せてきたという。「痛みが血管を通り抜けていくのがわかるんだ。誰かが本物の火を注射したんじゃないかってくらいの痛みだよ」。

それまで健康に何の問題もなかったジャックさんはその日、心不全で入院となった。新型コロナとの関連が指摘される重度の炎症性症候群が深刻化したケースだ。新たに発見されたこの炎症性症候群はアメリカとヨーロッパの約200人の子どもで症例が確認されており、死者も何人か出ている。

次ページ死亡するケースも
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。