コンテンツはAKBのように"顔"で売るべし

ディズニーとニコニコが組むと、こうなった(3)

――川上さんは、これからのコンテンツは「顔で売っていく」「手売りの時代になる」とおっしゃっている。

川上 モノってコピーされるじゃないですか。だから、顔が見えるというのはすごく大事だと思っています。ニコニコ動画で楽曲を作ってコンテンツを配信している人がいて、ニコ動で有名なんですけど、ニコ動に無料のコンテンツを配信しているのに、ユーザーはコミケ(コミックマーケット)でその人のCDやパッケージ作品を買うんです。要するにファングッズとして買っている。

何に対しておカネを払っているんだろう、ということですよね。今の音楽シーンで見たら、誰がパッケージを売っているのかというと、AKB48とジャニーズなわけですよ。コンテンツに対しておカネを払っているのかというと、怪しい。ロイヤリティや、アーティストに対する愛情だったり、敬意だったり、そういったものに対しておカネを払っていくようになっている。

そうすると、これまで以上にクリエイターの顔が見えることが重要だし、そういう人たちがファンとダイレクトにどうやってつながっていくのか。人の顔が見える。それが重要になっていく。クリエイターじゃなくて、広報担当者でもいいわけです。そこは分業化すれば。

ゴールはディズニー映画にコメントが付くこと

――この取り組みに、どんな将来像を描いていますか。

塚越 日本は映画文化にまだまだ可能性があると思っています。アメリカでは日常生活の中で、映画のことをネタにして話す機会というのは、日本と比べるとふんだんに多い。日本はもっと楽しいことがたくさんある、というのもあるんだけど、映画ネタのコミュニケーションというのは日常生活の中で少ない。これを作っていきたい。

これができると、映画を楽しむ文化がもっと大きくなれる可能性があると思っています。僕はその作品を作る人、配給する人だけれども、新しいアプローチを、できれば一緒に作っていきたいな、と。

川上 やっぱりニコニコってコメントがあってなんぼ、というのがある。それは諸事情によりやってないんですけど、無料で見られるというのはすごいと思うんですよね。1人で見るんじゃなくて、みんなで見る体験を提供するというのが、ニコニコのメリットだと思うので。

実際にそういう映画とかを、ファンだからパッケージは買うんだけど、見るのはニコニコでみんなと見たいという人が多い。何とかニコニコで見るようにならないかなと思ってね。これまでは、ブルーレイ、DVD、スマートフォンなど、デバイスごとの体験だったけど、そうではなくて、コメント付きで見る新しいユーザーの体験を提供するポジションとして、ニコニコが認知されればいいなと。僕らにとっての最終ゴールですよね。

――要は、ニコニコで配信するディズニー映画にコメントが付くということに?

塚越 実現しますよ。画面内で追えるかどうかは別ですが。

川上 多分裏とか、下とか。画面にはかぶさないように(笑)。

塚越 それは、それはね。

川上 さすがにね(笑)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT