50代は「住宅ローン完済」でも老後破綻の危機

マイホームは恐ろしい「金食い虫」になる

Bさんはここを終(つい)の住処(すみか)にすべくリフォームをはじめ維持を行うつもりですが、これには注意が必要です。

例えば、足腰が弱くなって階段の上り下りが難しくなった、親の介護で故郷に戻らざるをえなくなった、孫の世話をしてほしいから近くに越してきてと子どもに頼まれた……などなど、人生にはあらゆる想定外が潜んでいます。ローン完済した、そのマイホームに住み続けられるという保証は、どこにもありません。定年後、マイホームに高額な維持費をかける前に、立ち止まって考えていただきたいところです。

保有コストと資産価値を見積もり、次善策も立てておく

つまり、AさんとBさんに共通することですが、まずはマイホームをこのまま持ち続けた場合のコストを見積もり、次の一手を見極めておく必要があります。もちろん、今後も働き続けて収入を増やすことも大きな一手になりますが、コストが見合わない場合には売却するか賃貸に出すかなども考えなければならないでしょう。

具体的には、近隣の同様物件の相場を確認しておくことや、無料査定を依頼してみるのもいいかもしれません。客観的に自分の持ち家の資産価値が現状どのくらいで将来どうなるだろうか見積もっておく必要があります。民間の調査では、2033年の空き家率は30.2%に上昇するとの予測もあり、エリアによっては売れない、貸せない可能性も出てくるでしょう。まさかローン完済後のマイホームが負債になるとは想像したくもありませんが、想定しておけば対策も可能です。

例えば、マンションをダウンサイジングして毎月の固定費を下げる、維持費を最低限にして住み続ける、高齢者用の施設に入居する、地方に移住する、などが挙げられます。「現状路線」のままで進みたいのであれば、夫婦でなるべく長く働くことも有効ですから、ぜひ夫婦で力を合わせて乗り切っていきたいものです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT