「能・狂言」の趣を知らない人に教えたい超基本

教養として学びたいならまず能楽堂に行こう

本舞台真上の天井は平らに張ってある。アト座の方は後ろ側、つまり鏡板に近いほうが低く、見所に向かって高くなっている。これがスピーカーなのだ。真下の囃子方の響きが天井板に達し、それを観客席の方にはね返す音響板の役目をはたしている。

楽器そのものも大きな音が出るが、かつて野外で遠くに響かせるために先人が工夫したのではないかといわれている。「なるほどなあ」と、建造物の構造から能舞台そのものを見学する楽しみがある。

チューニングから舞台が始まっている

さあ、そうやって開演を待っていると、どこからか笛や鼓の音が聞こえてくる。これが「お調べ」といって、能楽器のチューニングとも取れるが、ここから実は能が始まっているのだ。

開演ベルがけたたましく鳴らず、いつしか、その世界にいざなわれるためにも、独特の静けさが必要だ。慣れた観客はピタリと私語をやめるので、ここは素直に真似をしたい。だれですか、コンビニの袋を触ってるのは? 音の出る手荷物は厳禁。客席に入る前にロッカーへ収納したい。だいたい100円。コインが戻ってくるところもある。

『教養として学んでおきたい能・狂言』(マイナビ新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

「なにを細かいことまで言うのだ」という方もいるかもしれないが、前の客席との間に荷物を置くと、遅く入ってきた人のために、いちいち荷物をどけなければいけない。舞台を楽しむには、いささかせわしない気分に陥ってしまう。

これは能楽堂だけではない。コンサートホールや劇場でも角席、中央席に限らず、大きな手荷物は、持ち込まないのが観劇マナー。

とりわけ、能楽堂では、お互いに静けさを楽しむため、最低限の貴重品などを収めたバッグのみで見所に進み、開演を待ちたい。コインロッカーの場所を探したり、受付に預かってもらうなどするためにも、込み合わない時間、早めの入場をおすすめしたのも、おわかりいただけるだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT