モンゴル帝国崩壊はペスト流行が一因だった⁉

「世界史のグローバル化」と感染症の深い関係

ユーラシア全体のグローバル化を実現したモンゴル帝国の崩壊は、ペストの大流行と無関係ではなかった(写真:WEIMING_CHEN/iStock)
人類の歴史は感染症との闘いであった。そして、人類初のグローバル社会を築き上げたモンゴル帝国の崩壊は、ペストの大流行と無関係ではなかった。
世界史とつなげて学ぶ 中国全史』の著者・岡本隆司氏が、世界史のグローバル化と感染症との関係を読み解く。

グローバルな感染症とWHO

去る3月11日、WHO(世界保健機関)がいわゆる「パンデミック(世界的大流行)」と判断した新型コロナウィルスの猛威は、とどまるところを知らない。

『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

日本でも情勢は緊迫、去る4月7日、7都府県に緊急事態宣言が発令され、そして同月中旬には、全国に適用されることにもなった。いまも深刻な様相からなかなか脱却できていない。

そのWHOは言わずと知れた保健・医療の国際組織である。まさしく多国籍の人々が結集、組織し、世界共通のグローバル・スタンダード的な公衆衛生の見地・論理で動く機関にほかならない。

世界に蔓延する感染症は、そうしたグローバルな機関が所管する問題、もっと言えば、立ち向かう敵として存在する。「パンデミック」と判断、宣言するのも、したがってWHOの役割であった。いまアメリカ・トランプ大統領が批判を向けているのも、そうした国際的・グローバルな機能を十分に果たさず、事態の悪化を招いたという点にある。

もっともらしく書き綴った以上の見方は、しかしよく考えてみると、いささかおかしいのかもしれない。つまり、グローバルな感染症が発生したから、それに備えて、グローバルな知見・組織・機関・体制ができ、稼働した、というような筋道・因果関係に見える。けれども時系列的・歴史的にみれば、逆ではなかろうか。

そもそも普遍的な医学・公衆衛生とは、疾病・感染症がグローバルなものになったからこそ、生まれてきたものである。それならその前に、病気の伝染がグローバル化していなくてはならない。

感染が地球規模の広域に広がるには、人々の集団・移動がグローバルなスケールになっていなければ、起こりえないだろう。多くの人を動かし、集めるような体制の広域化、グローバルな知見と組織の形成のほうが、むしろわれわれのイメージする感染症の前提にある。

昔のローカルな範囲でなら、病気になっても医学や国際機関は不用だった。思いもよらなかったと言うべきかもしれない。例えば呪術や祈願で済ませていたものであって、それが歴史の示すところである。

次ページ「はやり病」と呼んだパンデミック
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT