モンゴル帝国崩壊はペスト流行が一因だった⁉

「世界史のグローバル化」と感染症の深い関係

ユーラシア全体のグローバル化を実現したモンゴル帝国の崩壊は、ペストの大流行と無関係ではなかった(写真:WEIMING_CHEN/iStock)
人類の歴史は感染症との闘いであった。そして、人類初のグローバル社会を築き上げたモンゴル帝国の崩壊は、ペストの大流行と無関係ではなかった。
世界史とつなげて学ぶ 中国全史』の著者・岡本隆司氏が、世界史のグローバル化と感染症との関係を読み解く。

グローバルな感染症とWHO

去る3月11日、WHO(世界保健機関)がいわゆる「パンデミック(世界的大流行)」と判断した新型コロナウィルスの猛威は、とどまるところを知らない。

『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

日本でも情勢は緊迫、去る4月7日、7都府県に緊急事態宣言が発令され、そして同月中旬には、全国に適用されることにもなった。いまも深刻な様相からなかなか脱却できていない。

そのWHOは言わずと知れた保健・医療の国際組織である。まさしく多国籍の人々が結集、組織し、世界共通のグローバル・スタンダード的な公衆衛生の見地・論理で動く機関にほかならない。

世界に蔓延する感染症は、そうしたグローバルな機関が所管する問題、もっと言えば、立ち向かう敵として存在する。「パンデミック」と判断、宣言するのも、したがってWHOの役割であった。いまアメリカ・トランプ大統領が批判を向けているのも、そうした国際的・グローバルな機能を十分に果たさず、事態の悪化を招いたという点にある。

もっともらしく書き綴った以上の見方は、しかしよく考えてみると、いささかおかしいのかもしれない。つまり、グローバルな感染症が発生したから、それに備えて、グローバルな知見・組織・機関・体制ができ、稼働した、というような筋道・因果関係に見える。けれども時系列的・歴史的にみれば、逆ではなかろうか。

そもそも普遍的な医学・公衆衛生とは、疾病・感染症がグローバルなものになったからこそ、生まれてきたものである。それならその前に、病気の伝染がグローバル化していなくてはならない。

感染が地球規模の広域に広がるには、人々の集団・移動がグローバルなスケールになっていなければ、起こりえないだろう。多くの人を動かし、集めるような体制の広域化、グローバルな知見と組織の形成のほうが、むしろわれわれのイメージする感染症の前提にある。

昔のローカルな範囲でなら、病気になっても医学や国際機関は不用だった。思いもよらなかったと言うべきかもしれない。例えば呪術や祈願で済ませていたものであって、それが歴史の示すところである。

次ページ「はやり病」と呼んだパンデミック
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT