コロナ騒動で激売れする小説「ペスト」の中身

今の騒ぎを彷彿とさせる冒頭部分を一部公開

今の新型コロナウイルスを巡る混乱を彷彿とさせるとSNSでも話題の小説「ペスト」が話題になっている(写真:ロイター/Ahhit Perawongmetha)

新型コロナウイルスの影響でいまだ十分な供給の目処が立たないマスク、SNS上の誤った情報をもとに買い占めが発生したトイレットペーパーと同じように、全国の書店で品切れが続出している本がある。

フランスのノーベル文学賞作家、アルベール・カミュ(1913~1960年)が1947年に発表した『ペスト』(宮崎嶺雄:訳)だ。舞台は1940年代のアルジェリア・オラン市。高い致死率を持つ伝染病ペストの発生が確認され、感染拡大を防ぐために街が封鎖される。外部と遮断された孤立状態の中で、猛威を振るうペストにより、突如直面する「死」の恐怖、愛する人との別れや、見えない敵と闘う市民を描いた作品だ。

新型コロナが話題になる前の13倍に

発売元の新潮社によると、1月下旬から売り上げが急増。営業担当者がその理由を探してTwitterでタイトルを検索すると、「武漢の状況を見ると『ペスト』を思い出す」という投稿を大量に発見した。

その後、書店からの注文が相次ぎ、2月中旬~3月で1万4000部の増刷を決めた。直近の売り上げは、新型コロナウイルスが話題になる前の13倍を超える。50年前に邦訳版が刊行された書籍が、ここまで大きな反響を得ることは極めて異例だ。

なぜ、いまここまで『ペスト』が読まれているのか。本文の一部を引用すると、

「徹底的な措置をとらなきゃ、なんのかんのいってるだけじゃだめだって。病疫に対してそれこそ完全な防壁を築くか、さもなきゃ全然なんにもしないのもおんなじだって、いったんです」(p.92より)、「世間に存在する悪は、ほとんど常に無知に由来するものであり、善き意志も、豊かな知識がなければ、悪意と同じくらい多くの被害を与えることがありうる」(p.193より)

――など、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の対応に後れを取り続けた行政や、悪意なくデマ情報を拡散し、日用品の品不足を誘発するSNSアカウントなど、新型コロナウイルスをめぐる日本の現状が次々と目に浮かぶ。

感染が拡大し、街に疫病の脅威が襲い掛かる描写はとても70年前に描かれたとは思えないリアリティがある。そこで本稿では、『ペスト』本文より、街にペスト流行の前兆が現れた冒頭の一部を掲載する。

次ページ話は1人の医師が鼠の死骸を見つけるところから始まる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT