「高血圧」40代以上なら特に注意が必要になる訳

脳梗塞などさまざまな病気と関わりがある

特に40代以上で悩む人も多い高血圧、一体何が怖いのでしょうか?(写真:北村笑店/PIXTA)
人生100年時代と言われる一方、重要なのは、病気に悩まされずに生活できる「健康寿命」を延ばすことだ。そのためには老化が進む前から備えておく必要がある。 荒井秀典編『40歳からの健康年表』を一部抜粋・再構成し、特に40代以上で悩む人も多い「高血圧」の原因や治療法を解説する。

高血圧とは、血液が血管内で示す圧力が基準値以上に高い状態をいいます。最も高い心臓収縮時の血圧(上の血圧)が140mmHg 以上、もしくは心臓拡張時の血圧(下の血圧)が 90 mmHg 以上だと、高血圧と診断されます。

血圧が高い場合の治療目標ですが、2019年に少し改訂されました。以前であれば、75 歳未満の人は 140/ 90 未満でしたが、130/ 80 未満に引き下げられました。 75 歳以上の人は、150/ 90 未満が、140 / 90 未満に引き下げられています。

なぜ基準を変えるのかと不審に思う人もいるかもしれませんが、近代の医療は多くの場合、EBM( Evidence Based Medicine )、つまり科学的根拠に基づいて行われています。

信頼のできる海外のデータが次々と発表されたので、これまでよりも、やや厳しい基準に改められたのです。欧米では先に改訂が行われており、アメリカを例にとると、高血圧の基準値が130 / 80 以上と定められました。その結果、国民の2 人に1 人が高血圧と診断されることになりました。それと比較すると、日本ではやや控えめに調整した印象です。

高血圧の根本的な問題はどこにあるのか

高血圧は、「基礎疾患」の代表的なもので、いろいろな病気の呼び水だといえます。「かぜは万病のもと」と、昔から言われてきましたが、高血圧もかなりの病気と関わっています。具体的には以下のような病気です。

脳梗塞、くも膜下出血、脳出血といった脳血管疾患、心筋梗塞・狭心症などの心疾患、慢性腎臓病、認知症などです。

では、高血圧の何が問題なのでしょうか。それは血管を老化させてしまうことです。動脈硬化(動脈の中に脂肪分がたまるなどして壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなること)を進行させ、心臓の柔軟性を低下させるのです。

血管は、あらためていうまでもなく、栄養を全身に行き渡らせ体の機能を保ったり、老廃物を回収したりといった、大事な役割を果たしています。その道が傷むのですから、ことの重大さは想像できるでしょう。

しかも高血圧がやっかいなのは、自覚症状がほとんどないところです。少々血圧が高くても、気付かないことが多いのです。収縮期血圧(上の血圧)が 2 0 0 を超えていれば、頭痛がするといった症状はあるかもしれませんが、そこまで血圧があがっていると危険です。それまでに対処したいものです。

次ページ高血圧はいつから始まる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。