「自宅就活」がコロナ終息後の決定的な差になる

オンラインの方が情報収集は効率的にできる

また、合わせて就活系やキャリア系のTwitterアカウントをフォローしておくと、YouTubeチャンネル同様、有益な情報を得ることができる。筆者が日々の「就活」「キャリア」関連の情報を収集しているアカウントの一部を参考までに載せておく。

<YouTubeチャンネル>
・Utsuさん
・エルトの就活/転職チャンネル
・メガネ転職コンサル
・しゅんダイアリー
<Twitter>
・moto / 転職と副業のかけ算
・中田潤一@キャリアとチャンコ
・寺口 浩大 ONE CAREER Inc.
3. Web説明会で企業の理解度を深める

YouTubeチャンネルの中には、Web説明会をYouTube上で行っているものもある。合説で話している内容くらいであれば、このようなチャンネルで企業説明動画を視聴することで知ることができる。加えて、司会者が企業に対して気になるポイントを深堀りしてくれるため、合説以上に企業を深く理解できる場合もある。

<Web説明会チャンネル>
・ワンキャリアLIVE(ワンキャリア運営)
・キャリアチケット(レバレジーズ運営)

「Web面接」にも対応を

コロナショック下での就活では、採用枠が減り、求職者が増えると考えられるので、採用枠の競争率は昨年と比べて高くなる。少ないチャンスをいかにものにできるか、が鍵となる。

そのためには、想定質問を洗い出しておき、回答を事前に作成し、完成度を高めておくことが大事だ。加えて、模擬面接で練習することで、面接スキルを向上させ、面接慣れしておく。

後述するが、想定質問に対して回答する姿を動画に撮影して、客観的な視点で改善点を洗い出す方法もおすすめ。友達や家族に見てもらえるとなおよい。練習の時点から本番を想定してやっておくと、いざ本番となっても、そこまで緊張せずに対応することができるようになる。

次ページ面接対策のポイント
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。