話が退屈な人と「うまく弾む人」の決定的な差

相手のことを思って「話を広げる」のがコツ

最後に、オンライン、オフライン問わず使える、話し方の究極のスキルをお伝えしましょう。

それは、あなたが誰かと何かを話すときは、

「(相手の方が)幸せでありますように」

と祈りながら話すことです。

そうすることで、不思議なことですが話の内容は関係なく、あなたの好意は必ず相手に伝わります。そして、愚痴や不平不満などのマイナストークが自然となくなっていきます。

人には誰しも、話す相手の心を感じ取るセンサーのようなものがあります。テクニックだけで人間関係がうまくいくほど、人間というものは簡単ではありません。

話し手の心は必ず相手に伝わる

不思議なことですが、うまいとか下手とかは関係なく、話し手の心というのは必ず相手に伝わります。そして、この違いは「フォーユー」なのか「フォーミー」なのか、で変わってくるのです。

『人は話し方が9割』(すばる舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

相手のことを思って話していくと、必ず言葉がポンポン出てくるようになります。

そしていつの間にか悩んでいた相手が元気になり、あなたのことを必要とするようになります。するとあなたの周りにたくさんの人が集まるようになり、いつの間にかあなたは充電器のような存在になります。

最初は、うまくいかないこともあるでしょう。しかし相手のことだけ思って話しているうちに、相手が本当に大事にしていることだけを感じ取り、言葉に落としていけるようになります。

「(相手が)幸せでありますように」

この思いに勝る話し方のスキルは存在しません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。