朝ドラ「エール」に音楽好きが注目する理由

コロナ禍を癒やす「ライブ朝ドラ」の可能性

福島市でのロケなど収録のエピソードを語る(左から)佐久本宝さん、窪田正孝さん、唐沢寿明さん、菊池桃子さん=2019年12月18日、東京・渋谷のNHK放送センター(写真:福島民報/共同通信イメージズ 「福島民報」)

脚本家が交代したというニュースが昨年聞こえてきた。開始早々、新型コロナウイルスの感染拡大で、画面は物々しい情報で囲まれている。さらには、大御所作曲家を演じることになっていた志村けんの突然の死去、と、まさに「波乱の幕開け」となったNHK朝ドラ『エール』。

この連載の一覧はこちら

それでも平均世帯視聴率は初回21.2%で始まり、4月22日の放送は20.3%と大台をキープしている。及第点と言えるだろう(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

今回は、その『エール』について、音楽評論家/音楽好きの視点から期待することを述べてみたい。それは一言で言えば「ライブ朝ドラ」としての大きな可能性だ。

古関裕而はどんな作曲家だったのか

まず、音楽好きとして注目したいのが、古関裕而という作曲家の人生である。

日本の作曲家の二枚看板と言えば、古賀政男と服部良一ということになる。それぞれ「古賀メロディ」「服部メロディ」という名の下に、広く作風が知られている。

対して「古関メロディ」の輪郭はハッキリとしない。その理由として古関裕而が、作風や領域を限定しない、何でもありの言わば「バラエティ型」作曲家だったことがある。

まず守備範囲が、軍歌、行進曲、応援歌、校歌、歌謡曲、映画音楽、番組テーマ曲、クラシック……と非常に幅広い。かつ歌詞のテーマで見ても、「♪勝って来るぞと勇ましく」の『露営の歌』(昭和12年=S12)もあれば、平和の喜びを歌い上げる『長崎の鐘』(S24)もある。

『大阪タイガースの歌(六甲颪)』(S11)に対しては、ライバル球団の『巨人軍の歌(闘魂こめて)』(S38)があり、さらには「♪覇者 覇者 早稲田」と歌う『紺碧の空』(S6)と「♪おお打てよ砕け 早稲田を倒せ」と歌う慶応大学の応援歌『我ぞ覇者』(S21)が併存するのだから、もう何でもありだ。

まず興味深いのは、そのような「バラエティ型」作曲家のありようが、ドラマの中でどう描かれるかであるが、中でもとりわけ興味深いのが、軍歌/戦時歌謡についてのスタンスである。

刑部芳則『古関裕而―流行作曲家と激動の昭和』(中公新書)によれば「戦前の流行歌の売り上げ枚数では第一位」となった大ヒット曲=「♪勝って来るぞと勇ましく」の『露営の歌』は、一般には「軍歌」「軍国歌謡」として認識されている。

しかし辻田真佐憲『古関裕而の昭和史 国民を背負った作曲家』(文春新書)によれば「古関は自伝でみずからの作品を軍歌ではないと主張してい」たらしく、その理由として「戦後、軍歌にたいする風当たりが強くなった」から「戦時歌謡」と呼んだのではないかと推測している。

次ページ今後の注目ポイントは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。