「セクハラ失業した男」ウディ・アレンの大反論

自伝本めぐって再燃する「父と息子」の愛憎劇

だが、これら俳優の行動を、ウディはシニカルに見ている。彼の映画では昔から誰に対しても俳優組合が定める最低賃金しか払わないので、寄付すると言っても、あのレベルのスターにとっては所詮、はした金。見せかけにすぎないというのだ。

「役者たちは、今やみんな、私と仕事をするのを拒否する。中には本当に私のことを犯罪者だと信じている人もいるのかもしれない(どうすればそんな確信ができるのかは謎だが)。多くの役者は、拒否することが高貴な行動だと思っているのだろう。もしも私が実際に悪いことをしたなら、そうする意味はあるのだろうが、していないので、それは無実の男を苦しめ、ディランの頭に植え付けられたうその記憶を固めることにしかならない」と、ウディは本の中で述べる。

ウディとローナンの「複雑すぎる関係」

だが、ウディに、ディランに対する恨みは、まるでない。ローナンに対しても、複雑ではあっても、憎しみは感じられない。ローナンの本当の父親は(ミアの元夫)フランク・シナトラではないかという疑惑があるのだが、それについてもウディは、「ミアがそう示唆しても、自分の子だと思う。もちろん、本当のことはわからないけれども」と書く。

これについての本当のことは、DNA検査をすれば、すぐにでもわかる。だが、28年前のその日、実際に何が起きたのかは、そう簡単には判明しそうにない。

ウディは、舞台や映画について、ファーストアクト(最初の4分の1)がダメか、サードまたはフォースアクトがダメかだったら、ファーストアクトがダメなほうが、救いようがあると書いた。84歳の彼の人生は、今、サードアクトか、フォースアクトか。彼の人生のドラマには、果たしてどんな形で完結をするのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT