「セクハラ失業した男」ウディ・アレンの大反論

自伝本めぐって再燃する「父と息子」の愛憎劇

過去の「セクハラ事件」をめぐって父ウディ・アレンと子ローナン・ファローが再衝突(Gari Garaialde/getty)

ハーベイ・ワインスタインのセクハラ暴露をきっかけに起きた「#MeToo」運動でハリウッドから干されていた映画監督のウディ・アレンが、沈黙を破った。先月末、彼は自伝『Apropos of Nothing』を出版、過去の児童性的虐待疑惑について彼側の言い分を語ったのである。

この本はその目的で書いたものではなく、駆け出し時代や、手がけた作品1つひとつの裏話を語るもので、ユーモアもたっぷりだ。本の終盤で、彼は、「この話題にここまでページを割くことになったことには後悔もあるが、書き手として価値を感じたので」と述べている。

監督やコメディアンであるよりもまずライターと自認する彼にとって、400ページの本を書くのは、たやすかっただろう。だが、出版するにあたっては、困難に直面した。先月半ば、大手アシェット・グループがこの本の出版を発表すると、ウディの実の息子であり、昨年秋、同じくアシェットからノンフィクション本『Catch and Kill』を出しているローナン・ファローが、猛反発したのである。

父のセクハラを許せない息子・ローナン

ローナンは、ハーベイのセクハラを暴く『New Yorker』の記事を執筆し、ピュリツァー賞を受賞した、「#MeToo」のリーダー的存在。

父ウディ・アレンに猛反発する息子ローナン・ファロー(Axelle/Bauer-Griffin/getty)

ハーベイが自分の取材をどんな形で邪魔してきたかを語る『Catch and Kill』は、金と権力にものを言わせて罪をもみ消す男たちを非難するものだ。その中では、父ウディが姉ディランに性的被害を加えたことにも触れている。

自分の本の半年後に出るということは、アシェットは編集作業を同時進行していたということ。激怒したローナンは、「もうこの会社とは仕事をしない」と宣言。ディランもまた批判のツイートをした。

社内でもボイコット運動が起こったことから、アシェットは、やむなく出版をキャンセル。だが、それから半月もしないうちに、別の小さな出版社からウディの本が静かに出版されたのだ。しかも、当初に発表されていた発売日よりも早くにである。

「#MeToo」支持者の筆者としては購入を迷ったのだが、加害者側の話にも耳を傾けるのがフェアだと考え、読んでみることにした。

次ページ争点は「28年前の性的虐待事件」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT