「結婚圧力vs.寿退社圧力」どちらが重い?

家庭 or 職場の人生プラン、女性たちの葛藤いまむかし

キャリア女性は結婚の通例を無視したのだから……?

結婚は、適齢期なのに結婚していない者への結婚圧力を排除してくれるというわけだ。この結婚の肯定はあくまで職場を前提としたものではあるけれど、仕事と結婚との幸せな結婚を強調するものだ。

この表明は、荒谷が、寿退社せずに働き続けることで受けるであろう寿退社圧力より、結婚圧力のほうが重いと受け止めているという点からも興味深いけれど、この時点まで20代の若手編集長でさえ結婚と仕事を相反するものとしてとらえていたということをも示している。

つまり、「結婚→家庭」「独身→職場」という二者択一が無意識のうちに前提とされていたのだ。そんな視角から雑誌を読み返してみると、確かにこの頃までは「家庭or職場」という構図の記事が多い。たとえばある記事は、キャリア女性が高齢(と言ってもせいぜいアラフォーなのだけれど)になって結婚紹介所に駆け込むのをイヤラシく揶揄している。

「しかるべき年齢に達し、しかるべき時期が来ればだれもが結婚を考え、そしてやがて結婚していく。これは世間の通例である。そしてこの通例を無視したところで、キャリア女性たちの結婚想定図のようなものがあったのではないか」

キャリア女性は結婚の通例を無視したのだから、結婚の困難を覚悟しなきゃならないというのだ。

でも、こういった形の「結婚→家庭」or「独身→職場」という構図は、先の表明以降少なくなってゆく。この背景には、一方では、結婚しながら働く女性が社会的に想定されるようになったことで、先の構図でいうところの「→」が崩れてきたこと、他方では、結婚しているかどうかを別にして、女性が働くこと自体の難しさが顕在化したことで「家庭or職場」という構図の魅力が減じてしまったという事情があったのだろうと想像する。

こうして、結婚と「家庭or職場」を単純に結び付ける議論は薄れてゆき、結婚論の領分は急速に縮小することになったのだ。

「週刊東洋経済」2014/3/29号(経済超入門)
 
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT