「結婚圧力vs.寿退社圧力」どちらが重い?

家庭 or 職場の人生プラン、女性たちの葛藤いまむかし

「独身イコール自由なのかしら」 80年代女子、悩む

最近エミリー・マッチャーの『ハウスワイフ2.0』が話題になっている。日本と比較すれば女性進出が進んでいるアメリカにおいてさえ、女性の雇用環境は恵まれず、それゆえ新しい形の家庭回帰が進んでいると論じる本だ。

現代における専業主婦志向の回帰については別に考えることにするとして、ここで押さえておきたいのは、この本の登場人物がほとんど既婚であり、しかもその結婚の様態が「家庭or職場」という選択にほとんど関係していないことだ。言い換えれば、マッチャーの議論は、(あらゆる生き方を選択する余裕のある)結婚を所与の前提としているのだ。

でも、これって奇妙な前提じゃないだろうか。フツーに考えれば、結婚によっては「家庭or職場」っていう選択を自由にできないこともあるし、そもそも家庭か職場かっていう人生プランが、結婚できるかどうか、どんな結婚をするかどうかを規定することもあるもの。

月刊誌『結婚潮流』は1983年に創刊。当時の結婚観がよく伝わってくる

結婚と「家庭or職場」の関係をどうとらえるのか、日本では1980年代を例に取って考えてみるのがよい。男女の雇用機会均等が不完全な形で「実現」されつつあったとき、先行した理念と現実との間でいかに生きるべきなのか、女性たちは葛藤せざるをえなかったからだ。結婚はその生き方の選択における、いわばリトマス紙だった。

ここで注目してみたいのは、創刊からちょうど2年が経った『結婚潮流』の1985年2月号の編集後記だ。そこで、当時26歳の編集長・荒谷めぐみは、結婚雑誌を編集しているうちに

「独身イコール自由なのかしら」
 「私にはまだよくわからないけれど、働く女性にとって“結婚”は開放される部分がたくさんあるようにも思える」

と考えるようになったと表明している。

次ページ「結婚→家庭」か「独身→職場」か? 無意識の二者択一
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。