ルノーが東風汽車と乗用車合弁事業を解消の訳

中国市場からは撤退せずEVや商用車にシフト

中国自動車市場が縮小するなか、「東風ルノー」の販売は不振に陥っていた(写真は東風ルノーのウェブサイトより)

フランスの自動車大手ルノーと中国の東風汽車集団は4月14日、両社が50%ずつ出資する乗用車の合弁会社「東風ルノー」の持ち株をルノーが東風に売却すると発表した。

東風側の説明によれば、中国自動車市場の低迷と東風ルノーの経営状況に鑑み、両社が合弁会社の株式譲渡およびルノー・ブランド事業の中止に関する覚書に署名した。ルノーは中国市場から撤退はせず、今後は電気自動車(EV)や小型商用車に力を入れる方針だ。

東風ルノーは2013年12月に国家発展改革委員会の認可を受けて設立され、湖北省武漢市に工場を建設。2016年3月に初の現地生産車「科雷嘉(カジャー)」を発売した。2017年10月に発表した中期計画では、2022年までに9車種の国産新型車を投入して年間40万台の販売を目指すとしていた。

2019年の販売台数は前年比63%減

東風ルノーは現在、3車種のガソリン・エンジン車と1車種の電気自動車を中国で生産している。しかしルノー・ブランド車の売れ行きは目論見に反して不振に陥っていた。

中国の自動車市場は2018年後半から調整期に入り、2019年の新車販売台数は前年比8.2%減少した。そんななか、東風ルノーの2019年の販売実績は前年比63%減の1万8500台と、市場全体の落ち込みを大幅に超える惨憺たるありさまだった。

本記事は「財新」の提供記事です

ルノーに近いある関係者は、「東風ルノーからの撤退は合理的な決断だ」と話す。ルノーは日本の日産自動車とアライアンスを形成しており、日産は2002年から東風汽車集団と合弁を組んでいる。合弁会社「東風日産」は2019年に117万台の乗用車を販売。その数は東風ルノーの60倍以上だ。

「まるで勝負にならないのに、なぜ(アライアンスの)内輪で競合する必要があるのか」と、そのルノー関係者は語った。

(財新記者:陳雪婉)
※原文は4月14日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT