ルノーが東風汽車と乗用車合弁事業を解消の訳

中国市場からは撤退せずEVや商用車にシフト

中国自動車市場が縮小するなか、「東風ルノー」の販売は不振に陥っていた(写真は東風ルノーのウェブサイトより)

フランスの自動車大手ルノーと中国の東風汽車集団は4月14日、両社が50%ずつ出資する乗用車の合弁会社「東風ルノー」の持ち株をルノーが東風に売却すると発表した。

東風側の説明によれば、中国自動車市場の低迷と東風ルノーの経営状況に鑑み、両社が合弁会社の株式譲渡およびルノー・ブランド事業の中止に関する覚書に署名した。ルノーは中国市場から撤退はせず、今後は電気自動車(EV)や小型商用車に力を入れる方針だ。

東風ルノーは2013年12月に国家発展改革委員会の認可を受けて設立され、湖北省武漢市に工場を建設。2016年3月に初の現地生産車「科雷嘉(カジャー)」を発売した。2017年10月に発表した中期計画では、2022年までに9車種の国産新型車を投入して年間40万台の販売を目指すとしていた。

2019年の販売台数は前年比63%減

東風ルノーは現在、3車種のガソリン・エンジン車と1車種の電気自動車を中国で生産している。しかしルノー・ブランド車の売れ行きは目論見に反して不振に陥っていた。

中国の自動車市場は2018年後半から調整期に入り、2019年の新車販売台数は前年比8.2%減少した。そんななか、東風ルノーの2019年の販売実績は前年比63%減の1万8500台と、市場全体の落ち込みを大幅に超える惨憺たるありさまだった。

本記事は「財新」の提供記事です

ルノーに近いある関係者は、「東風ルノーからの撤退は合理的な決断だ」と話す。ルノーは日本の日産自動車とアライアンスを形成しており、日産は2002年から東風汽車集団と合弁を組んでいる。合弁会社「東風日産」は2019年に117万台の乗用車を販売。その数は東風ルノーの60倍以上だ。

「まるで勝負にならないのに、なぜ(アライアンスの)内輪で競合する必要があるのか」と、そのルノー関係者は語った。

(財新記者:陳雪婉)
※原文は4月14日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT