コロナ危機がハリウッドに招いた思わぬ副作用

ロサンゼルスから消えた「ハエのような存在」

コロナがハリウッドのに招いた「意外な副作用」とは?(写真:rodolfo_salgado/iStock)

ロサンゼルスが、外出禁止4週目に突入した。「ソーシャル・ディスタンシング(他人との間に1.8メートルの距離を置く)」を厳しく言われる中、テレビのニュースで天気予報士が自宅や屋外から出演したり、特別ゲストとの対談がヴァーチャルだったりということは、すでに当たり前になっている。

だが、先週末、『サタデー・ナイト・ライブ』が初めて「在宅版」に挑戦したのには、さすがに驚いた。しかも、結果は大成功で、今シーズン2番目の高視聴率を獲得してみせたのである。

ニューヨークのスタジオで、観客を前に、コメディアンたちが複数のスキット、いわゆる寸劇を行う『サタデー・ナイト・ライブ』は、元来、リモートで行うのに最も向かない番組だ。だからこそ、コロナパニックが本格化すると、すぐさま放映中止になったのである。

コロナから回復したトム・ハンクスも登場

しかし、それは単なる決めつけであり、想像力の欠如だったのだと、この回を見てみて、認識させられた。そもそも彼らはみんなスタンドアップ出身のコメディアン。つまり、ひとりで笑わせるのはお手のものなのだ。複数キャストで行う寸劇のネタがZoomによる社内ミーティングというのも、見事だった。

リモートでやれるうえ、視聴者にとってもタイムリーなテーマである。ここでは、テクノロジーに疎い人がいて同僚をあきれさせるという、「あるある」な状況が展開した。

お得意の政治ネタは、ラリー・デビッド演じるバーニー・サンダースが大統領選から撤退した心境を自宅で語るというもの。ホストは、この回に誰よりもふさわしいトム・ハンクスだった。音楽ゲストのクリス・マーティンも、自宅内のスタジオから、バンドのメンバーなしで、ソロのパフォーマンスを行っている。

コロナから回復したトム・ハンクスがサプライズ出演(写真:サタデー・ナイト・ライブYouTubeより)

この状況下でもクリエイティビティとプロ意識を発揮する彼らには、まさに脱帽。これにインスピレーションを受けて、新しいやり方を考え始めたプロデューサーやクリエーターも、多いことだろう。どんな形であれ、コメディアン、俳優、ライターらが仕事を続けられるのならば、すばらしいことだ。

次ページコロナで「12万人」が職を失う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT