新型コロナ危機でインフォデミックが危ない

高齢者も含めデジタル利用も急速に拡大する

また、情報収集にTwitter等のSNSを利用する若年層であっても、新型コロナウイルス感染拡大に関して「まとまった情報を正確に知りたい場合」は、SNSを使用しない人が多いことが示された。SNSは情報の即時性は高いものの、きちんと裏付け・精査が行われた情報であるかどうか判別がつかないことが認識されている。

新型コロナウイルスに関する情報収集手段としての各媒体の信頼度について聞いたところ、SNSの情報を信頼している人は2割程度しかいなかった。この背景には、これらのメディアで流されるフェイクニュース、あるいは誤情報の問題がある。また、7割以上の人が新型コロナウイルスに関連したフェイクニュースを見聞きしている。

フェイクニュースがあふれている

アメリカでフェイク・ニュース対策に取り組む、ファクトチェック団体「First Draft News」のクレア・ウォードル氏によれば 、フェイクニュースとは偽情報(disinformation)のことであり、人々を欺くため、あるいは注目を集めることだけを目的に作られた情報を指す。それに対して、不注意で共有された誤った情報は誤情報(misinformation)である。誤情報は、発信元が間違いに気づけば直ちに訂正されるが、偽情報はむしろ拡散が主目的である。

われわれはアンケート調査で、新型コロナウイルスに関する「フェイクニュース(と思われるもの)」を見聞きしたかについても質問した。つまり、この情報は間違っているのではないか、しかもその背後に悪意や愉快犯的な要素、あるいは注目を浴びることが主目的だと感じたことがあるかを尋ねたことになる。その回答によると、修正後 新型コロナウイルスに関する「フェイクニュース(と思われるもの)」を見聞きした人は、「よくわからない」と回答した人を除けば7割近くにのぼり、2回程度~4回以上見聞きした人は50%に達した。

(注)「非常に信頼している」「やや信頼している」「あまり信頼していない」「信頼していない」「わからない」の5項目で尋ね、「わからない」を除いた回答のうち、「非常に信頼している」「やや信頼している」の合計の割合を示したもの。
次ページ買いだめを誘ったフェイクニュース
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT