外出禁止の国に「日本はヤバい」と心配される訳

サンフランシスコの感染増加が緩やかな理由

この連載の一覧はこちら
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。4月7日、ついに日本政府も緊急事態宣言を出しましたが、私たちの生活はこれからどうなっていくのでしょうか。
そこでこの連載では、3月16日にいち早く外出禁止令を出したアメリカ・サンフランシスコに住む、ある家族の事例を紹介します。
かなり早い段階で外出禁止に踏み切ったおかげで、NYと明暗を分けた可能性もあります。迅速に対応できたサンフランシスコの背景事情とは?また彼らから見た「日本のヤバさ」とは?

アメリカでいちばん最初に外出禁止令を出したのは

次ページサンフランシスコの現在の様子は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。