ベストセラー脳科学者が強くダンスを推す理由

「ブレイン・ルール」に見る人生を楽しむ秘訣

ダンスを踊ることが脳の健康維持に役立つという(写真:Fast&Slow/PIXTA)
人生100年時代の最大の脅威の1つが、アルツハイマー病などにかかり、脳の健康を損ねることだろう。
そんな不安を解消し、脳の健康維持に役立つ翻訳書がこのほど刊行された。ジョン・メディナ博士による『ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である』だ。メディナ博士の既刊本は、世界累計で100万部を突破しているという。
当記事では、今回翻訳刊行された『ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である』の中から、とくに興味深いと思われる指摘を、要約してお届けしよう。

ダンスが脳に魔法をかける

「踊って、踊って、踊りまくろう!」――人間の脳の発達や精神障害の遺伝学的研究を専門とする世界的な脳科学者ジョン・メディナ博士は、脳の機能を強化するために「ダンスを踊ること」を猛烈に勧めている。

『ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

ダンスを通して他者と交流することが、脳の老化を防いで、認知機能を向上させるトレーニングとなり、ひいては感染症などにあらがう免疫系を高める効果にもつながるというのだ。

目下、新型コロナウイルスのために自宅での待機を余儀なくされ、運動不足気味の日々を過ごす人も多いだろうと思うが、ダンスなら家族で屋内でもできそうだ。ダンスと脳の機能との間には、一体どんな関係があるのだろうか。

メディナ博士の著書『ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である』によると、60歳から94歳までの健康な高齢者を、半年間、週に1時間のダンス教室に参加させたところ、脳に強力な魔法がかかったように身のこなしが変わり、考え方も変化したという。

具体的には、脳の認知機能が13%向上、手の協調運動が8%向上、姿勢保持力やバランスも25%向上。反対に、ダンスをしなかったグループではこれらの能力が下がったというから、その価値は大きい。

次ページネガティブな人間関係があると傷の治りが遅い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。