ベストセラー脳科学者が強くダンスを推す理由

「ブレイン・ルール」に見る人生を楽しむ秘訣

ダンスにもいろいろあるが、タンゴ、ジャズダンス、サルサ、フォークダンスなど種類は問わないという。また、太極拳やその他武術などのパターン化された動きを習うことによっても、同様に多くの能力が向上するとされている。

さらに、これらの運動に参加した高齢者は転倒しづらくなり、とくに週に1度の太極拳に参加したグループでは、転倒の回数が37%も減ったと報告されているのだ。

メディナ博士によれば、ダンスを通して、いかに社交性を高めるかということに、脳の機能を向上させるポイントがあるという。

社交性と認知機能との間に強い相関があることは、すでに数々の研究によって科学的に裏付けされている。

6年間にわたって1万5000人以上の記憶力の低下率を調査したある有名な研究では、社交的な人の記憶力の低下率は、社交的でない人の半分にとどまっていた。また、認知症でない高齢者を調査すると、最も社交的なグループは、最も社交的でないグループに比べて認知機能の低下率が70%も低いというのだ。

また別の研究では、たった10分、他者と交流しただけで、脳の情報処理能力とワーキングメモリが向上するとされており、これはビデオチャットでも有効なものらしい。

自分とは異なる見方を理解しよう

ただし、他者との交流にも、ドーパミン分泌と関係するポジティブな交流と、ストレスホルモンと関係するネガティブな交流がある。

ストレスは知力を含む身体活動全般に負荷を与えるものだが、とりわけ免疫系には影響を与えるという。ストレスホルモンの濃度が高まると、切り傷の治癒や、風邪、インフルエンザウイルスなどの侵入者と戦う武器である「T細胞」が死んでしまう。つまり、感染症に対しても弱くなるのだ。

実際、結婚生活がぎすぎすしているなど、ネガティブな人間関係があり、慢性的なストレスを抱えている人は、傷の治癒までに1.4倍の時間がかかり、風邪も引きやすいらしい。反対に、日頃から外に出かけ、他者とポジティブに交際する時間の長い人は、風邪や病気にかかりにくいという。

つまり、他者と心地よく過ごそうというポジティブなマインドで、人間関係を作る必要があるということだ。

次ページ自己中心的になることは脳にも良くない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT