「愚痴」ばかり言う上司への対応策はあるのか

される側ではなく「嫉妬する側」に問題がある

愚痴や悪口ばかり聞かされていると気が滅入ります(写真:amadank/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

同じフロアの人でいつも何かしらの愚痴や誰かの悪口を言っている人(立場的には上司)がいます。
あいつは俺よりも仕事ができないのに、こんな無駄の多い会社はどうのこうの、若い社員はそもそも態度がダメ、などなど。
世の中、会ったこともない人をネットで延々とたたく風潮や、嫉妬心なのか一度の失敗を二度と許さないといったギスギスとした雰囲気に包まれていると感じています。
件の上司にも、そんな他人の悪口を言う暇があるのならもっと仕事をしてくださいと言ってやりたいくらいです。まったく尊敬できません。
なぜこんなにも他者の悪口を言ったりする人が多いのでしょうか。もっとやることがあると思いますし、自分の襟を正せばいいだけのような気もしますが、どうなんでしょうか。聞いているこっちまでうつになりそうです。
OL A.K

根本的な問題解決は、嫉妬している本人次第

嫉妬というのは嫉妬されている対象に問題があるのではなく、嫉妬している当の本人の問題なのです。

この連載の記事一覧はこちら

ですから非常に残念ながら周りがわかれば何とかなる、という類いのものではなく、当の本人が変わらないことには根本的な解決には至りません。

多くのケースで嫉妬やそこからくる悪口というのは、相手が自分に持っていないものを持っている、自分ができていないことができている、そういったことに起因しています。

自分よりも仕事ができる、早く昇進した、上司に気に入られている、という仕事関係のものに始まり、自分よりも幸せそうに見える、という漠然としたものまで、その原因は非常に多岐にわたります。

多岐にわたるのですが、大半のケースで嫉妬されている対象に問題があるというよりは、他人と比べることでしか自分の立ち位置を確認できない人の問題であったり、努力して自分を変えることができない本人の問題であったりします。

したがって、嫉妬心を持っている当の本人が頑張って今の自分を変える、ということ以外に解決策がないものなのです。

次ページ嫉妬されている対象に落ち度はない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。