ライズ激売れで、ヴェゼルやC-HRが苦戦する訳

ダイハツがトヨタに供給するSUVが絶好調

今は新車として売られるクルマの38%が軽自動車で、次に多いのが25%のコンパクトカーだ。SUVは13%前後になる。そのために国内販売ランキングの上位には、ホンダ・N-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシアといった背の高い軽自動車が並ぶ。小型/普通車も、ノート、アクア、シエンタ、フィット、ヤリスといったコンパクトな5ナンバー車が中心だ。この販売比率を考えると、ライズの高人気も理解できるだろう。コンパクトカーとSUVという、売れ筋カテゴリーの要素を兼ね備えるからだ。

ライズの高人気には、昨今のクルマの値上げも影響した。2000年頃は、2Lエンジンを搭載する初代エクストレイル、2代目CR-V、2代目RAV4といったSUVの価格が200万円前後だった。安全装備は今に比べると乏しく、商品力も低かったが、価格も安かった。

それが今では消費税が10%に高まった影響もあり、エクストレイル、CR-V、RAV4の価格帯は、比較的求めやすいグレードでも280万円から320万円に達する。

購入するクルマが小さくなっている

その一方で、日本の平均所得は1990年代の終盤をピークに下がり、多少は持ち直したが、今でも20年前の水準に戻っていない。つまりクルマは値上げされ、所得は減ったから、購入するクルマが小さくなっている。

この動向もライズに人気が集まった理由だ。ライズで中級に位置するGの価格は、前輪駆動の2WDが189万5000円で、4WDは213万3700円になる。最上級のZは2WDが206万円で、4WDは228万2200円だ。直列3気筒1Lターボエンジンを搭載するコンパクトSUVなのに、価格は20年前のRAV4やエクストレイルに近い。

「ライズ」の後ろ姿(写真:トヨタ自動車)

そこでライズ2WD・G(189万5000円)の購入費用を計算すると、ディーラーオプションで約15万円のカーナビを装着して、税金+自賠責保険料+各種諸費用も加えると、合計で約223万円になる。

おそらく多くのユーザーがクルマを買おうとしたとき、諸費用を含めて200万円から230万円が中心的な予算だろう。そのために今は、SUVではコンパクトサイズが好調に売れて、ミニバンも売れ筋がセレナやヴォクシーからコンパクトなシエンタとフリードに下がった。ライズの人気が今後どのように変化するかはわからないが、ボディサイズ、機能、価格を考えると好調に売れる必然性がある。

したがってSUVを選ぶときは、コンパクトな車種に注目するとよい。後席や荷室の広さを重視するならヴェゼルやスズキのクロスビー、スポーティな運転感覚を求めるならC-HRやマツダCX-30、SUVらしい力強いイメージを重視するならライズ&ダイハツブランドのロッキーという具合に検討したい。上記のライバル同士を乗り比べると、各車の個性がよくわかり、さらに正確な車種選びを行える。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT