コロナ危機の今は「人が幸福を考える」チャンス

VCと起業家が挑む「可能性」というサードドア

平野:私もメンターが20人ほどいます。課題があれば、自分ひとりで考えるよりも、経験者に聞いたほうが早いわけですよね。ですから20人の方々にその都度すぐ相談するようにしています。みなさん得意分野が違うので、とても助けられています。

アレックスは、インサイドマンを頼ってビル・ゲイツにたどりつきますが、私もメンターの方々に「こういう人に会いたいです」とお願いして、紹介してもらうことがありますよ。

後藤:私は、この人が「師匠」だ!と思ったら、夜中でも朝でもその人に呼ばれたら必ず行くと心がけています。師匠を囲んで集まると、そこにカバン持ちのような若者がいたりします。その人が起業すると、実は自分のライバルになったりするんです。

後藤道輝(ごとう みちてる)/ペイミー 代表取締役。慶應義塾大学卒業。East Ventures、メルカリ、CAMPFIREを経て、ディー・エヌ・エーに中途入社。DeNA戦略投資推進室での勤務を経て、2017年7月にペイミーを設立。Forbes JAPAN「30 UNDER 30 JAPAN 2019」のエンタープライズ・ビジネス部門を受賞(撮影:尾形文繁)

インサイドマンを介したそうした小さなコミュニティの中で出会った仲間と、切磋琢磨している。みんな起業していますから「当たり前」の基準が高くなりますし、自分にとって健全な危機感を持つためのいい刺激になっています。

杉山:弊社は大企業のサポート事業ですから、まずは日本の大企業の方に信頼して事業を任せてもらわなければなりません。でも、創業まもないスタートアップにとってはかなりハードルが高くて難しい。

僕の場合は、自分よりも3まわり以上年上の世代の方々に本当に助けられました。百貨店全盛期時代に、中国や東南アジアに挑んで苦労された世代の大企業の方々には、実は今の僕と同じ課題感を持たれている方が多いんです。貴重な助言や、手助けをしていただいたり、普通では会えない方を紹介していただいたりしました。

インサイドマンとどう出会うか

近藤:みなさんインサイドマンとはどのように出会われたのですか?

後藤:私は、金融庁のインサイドマンを見つけるために手紙を書いたことがあります。「ペイミー」は当初、ビジネスモデル自体が「貸金業ではないか」という疑問の声があったんです。

そこで、1年以上、国と折衝を重ねた末に、ようやく金融庁から「ペイミー社のモデルは貸金業には該当しない」というお墨付きをいただきました。

そうなる過程で、金融庁の局長クラスの方となんとか仲良くなりたいと考えました。当時「年金2000万円問題」で炎上した局長が辞職したという報道を見て、僕はすぐに手紙を書いたんです。「共感しました。お食事をご一緒していただけないでしょうか」と。そこからつながりを得て、金融庁のインサイドマンを教えてもらいました。

次ページ小さなことを普通に積み重ねる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT