コロナ危機の今は「人が幸福を考える」チャンス

VCと起業家が挑む「可能性」というサードドア

僕にとっての頂上は、自分のサービスの提供先から「ありがとう、業界変わったよね」と言ってもらえたときですね。金銭的なものより得がたい、そのためだけにやっていると思えるものがあります。

平野:私は、人類の進化の幅を最大化するために自分の人生を使いたいと考えているんです。人類は火を発見し、石器を作り、車輪を発明し、コンピュータ、スマホと発明してきました。同じ発明をするなら、より大きな発明に取り組みたい。

先ほども働き方の話をしましたが、私は負の感情がすごく嫌いなんです。自分だけでなく、他の人が思っていることもイヤ。いまは特に働くことに負の感情がありますよね。長時間労働しかり、上司との関係しかり。そもそも昭和的な終身雇用が幸せとは言えません。

AIによって、人がもっと有意義な時間を過ごせるようになれば、それぞれが得意なことに取り組めるようになる。「シナモンAI」が大成功して、みんな「働くことがハッピーになった」となれば、成功です。

100年後の歴史の教科書に載れたら成功

後藤:実業家のジャック・ウェルチさんは「イノベーションとは、継続的な絶え間ない日常業務の連続から生まれる」と言っています。1%のひらめきを見つけるためには、99%の日常の小さな努力を積むことが必要で、それがサードドアを開けることになるのだと思います。

これからもドアを開けつづけていきたいですね。そして自分は、100年後の歴史の教科書に載れたら成功だと思っています。

近藤裕文(こんどう ひろふみ)/サイバーエジェント・キャピタル(CAC)代表取締役。サイバーエージェント投資戦略本部長(藤田ファンド)。明治大学卒業。2001年国内系大手PR会社入社。コンサルティング業務を経験。2003年サイバーエージェントに入社、デジタルマーケティング業務に従事し、2006年博報堂とのJVの立ち上げなどを経験。 2013年サイバーエージェント・ベンチャーズ(現CAC)取締役に就任。2018年同社代表と藤田ファンド事業責任者に就任。現在8ヶ国10拠点にてインターネット関連事業への投資・サポートを実行(撮影:尾形文繁)

近藤:みなさんのお話に共感しますね。ベンチャーキャピタルは人間の可能性そのものにかける仕事です。われわれは、シードの段階で投資をするため、まだ誰も実現していないことを、時には未完成の事業計画書の段階で見極めなければなりませんが、未来の成功を一緒に信じることができたその先に成功があるのだと思っています。

平野:VCは「ブロックチェーンに投資する」というようなテーマ投資される方が多いのですが、サイバーエージェント・キャピタルさんは、人に対する投資というウエイトが大きいように感じています。

近藤:はい。人物への投資なんです。われわれは平野さんのように新しい産業を創造する起業家に投資をしてきました。『サードドア』も、最後は人々に可能性を与えることをミッションにしたいと書いていますし、アレックス・バナヤン本人がVCになっていますよね。

みなさんは、サードドアを開けて自分の道を進んでおられますが、きっとこの先、若者たちに追いかけられるドアの向こう側の人になってゆくのだと思っています。今日はありがとうございました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT