五輪1年延期で考える代表内定選手の処遇問題

4年かけた努力「幻の代表」を生まないために

オリンピックの延期は史上初のことになったが……(写真:ロイター/アフロ)

東京オリンピック・パラリンピックが1年程度延期になった。

今後さまざまな問題が噴出する。決定直後から日程・会場・チケット・追加費用・ボランティア……いったいどうするの?という話題で、テレビの情報番組などでは持ち切りだ。2013年9月に東京開催が決定してから7年間、開幕に合わせて準備してきたことが1年延期になって、1日、2日でどうするかが決められるはずがない。新型コロナウイルスに対して楽観的になってはいけないが、今は1年後のことを悲観しても仕方がない。

今回の延期決定のプロセスでほとんど顔が見えなかった森喜朗・組織委員会会長は「大変残念だという思いと、やれやれという思い。ホッとした気持ちもあるが、やれやれで済ませる問題でもない」と会見で吐露した。

1年後については「科学技術がこれだけあって、世界中に多くの科学者がいて、そして医療、薬学、いろんなものが進歩している中でですね、これに期待するしかないんじゃないでしょうか」とも話した。今はこの「希望」を持つことも重要だ。

欧米で「延期決定が遅い」という論調もあるが、新型コロナウイルスの感染が欧米で急速に拡大したのは3月に入ってから。それまではアジアのこととして「東京に行きたくない」だった。ロンドン市長選候補が「ロンドンでやる」と言い出したのが2月21日。今どう考えているのか聞いてみたい。

延期が決定するまで紆余曲折

多くのオリンピック代表選考に関わる大会が延期、中止となり、代表も決められず「東京に行けない」となり、今年のオリンピック開催は無理というのはみんな思っていたことだっただろう。

誰が言い出すかが問題だった。IOCのバッハ会長がWHOにげたを預ける発言で批判を受けたり、日本でも安倍晋三首相はじめ関係者は「開催する」と言い続けた。安倍首相は途中から「完全な形で」と付け加えた。

このころから「延期」が視野に入っていたはずだ。一連の動きを見ていると、感染の急速な拡大で一種ヒステリー状態で「中止」となっていたムードを「延期」に変えるための時間が必要だったと想像できる。

この延期決定で、いちばん気持ちが落ち着いたのは選手だろう。

次ページ選手の処遇も論点になる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT