東大、早慶出身者が満足してる会社ランキング

東大出身者はあの外資コンサル大手を1位に

今回そのデータを使って、作成したのが、大学出身者別の「就職後満足企業ランキング」だ。これは、社員による会社の評価スコア(総合評価ポイント)を出身大学別に集計、ポイントの高い順にランキングしたものだ。その中から、同社の大学生会員が多い東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、について上位20位までをリストアップした。

なお、このランキングでは口コミが5件以上あった会社を対象にしている。いってみれば東大や早慶の卒業生が一定数入社している会社でないとランキングの対象にはならない。

東京大学出身者はコンサル企業に高い評価

それぞれの結果を見ていこう。

東京大学のランキングは、1位マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社、2位ボストン・コンサルティング・グループ、3位A.T. カーニーと外資系のコンサルティング会社がトップ3を占めた。

東大就活生の多くがコンサルティング会社やシンクタンクを志望するのは知られているが、卒業生の満足度が高いこともそうした人気を裏付ける結果となっている。コメントからは「個人をプロフェッショナルとして尊重する文化」やチームワークを重視し、互いに助け合う文化が浸透していることを挙げている。

以下、4位プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、5位三井物産、6位アクセンチュア、7位電通、8位東京海上日動火災保険、9位楽天、10位三菱商事となっている。

次ページ早大出身者の満足企業ランキング
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT