「鬼滅の刃」と「100ワニ」超ヒット漫画の共通点

「100日後に死ぬワニ」が超大ヒットした理由

今年話題の人気漫画『100日後に死ぬワニ』と『鬼滅の刃』。両作には意外な共通点がある(画像:「100日後に死ぬワニ デジタルコンテンツ特設ページ」https://www.m-up.com/special/100wani/より)

大ブームを起こしたTwitter連載マンガ『100日後に死ぬワニ』が3月20日に100日目を迎え完結した。この原稿を書いている時点でRT数は76万オーバー、いいねは222万を記録している。Twitterでバズるマンガは多いが、この数字は桁違いといっていい。

最終回である「100日目」の発表と同時に展開された関連企画の告知によって、一転して多くの批判も噴出しているが、今回の原稿ではプロモーションまわりについてはひとまず置いておく。

ここでは完結後のあれこれに隠れて、すっかり語られることがなくなってしまったこの作品が「何が新しく、特別だったのか」を改めて考えておこうと思う。

『100日後に死ぬワニ』が超ヒットした理由

『100日後に死ぬワニ』は、「100日後に死ぬ」というフレームの面白さがあると同時に、Twitterというメディアと非常にうまくマッチする作品だった。

「100日後に死ぬ」という部分についてはすでに多くの人が指摘しているだろう。例えば伊集院光はラジオでこれを「発明」と表現している。「100日後に死ぬ」と書くことで、主人公のワニが体験するあらゆる「普通のこと」に意味が加わる。

言い換えれば、何気ない日常にドラマ性が付与されるということだ。『100日後に死ぬワニ』の1日1日には基本的に特別なドラマはない。だが、その特別なドラマのなさ自体が、作品のメッセージ性と直結している。

死にはドラマや脈絡はなく、自分たちにとっても今日が「あと100日」の日かもしれない。「ドラマ性のない今日を生きる」ということの意味を鮮明にする、発明的なタイトルだ。

そして、この「100日後に死ぬ」というつくりは連載形式としても画期的だった。「100日後に死ぬ」というフレームは、これまでの雑誌連載マンガからはなかなか生まれにくい。

次ページなぜ『100日後に死ぬワニ』は雑誌から生まれなかったのか?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。