デザイン家電amadana社長の破天荒な野球人生

創業者・熊本浩志がデザインするとこうなる

筆者は野球のビジネスモデルについて追いかけている。

12球団は既存のマーケットに対して、濃密なアプローチを仕掛けてリピーター、ヘビーユーザーを増大してきた。

2019年の2653万人余という記録的な観客動員は、「お客が喜ぶことは何だってする」に全精力をかけた球団の努力のたまものではあろう。

しかし、野球競技人口、野球ファン人口が今後、減少する中で、プロ野球のマーケティングには「その先」が見えない。いずれ既存のマーケットは高齢化し、疲弊し、シュリンクしていくのだ。そのとき、どうするのか?

プロ野球だけでなく、今の日本野球界には「次の一手」を志向する動きがほとんどない。東京バンバータという軟式草野球チームは、硬直化した日本野球界に風穴を開けてブレークスルーを誘発する可能性があると思う。

僕にとっての野球は最高のエンタメ

熊本浩志は、東京バンバータの仲間からは今も「クマカン」と呼ばれている。

今でもクマカンという愛称で呼ばれている(写真:東京ヴェルディ・バンバータ提供)

「うちのトップチームにいる、いい大人が“野球はこうあるべきだ”みたいなことを言うんですよ。

“ちょっとまってくれ、俺のほうから野球やれって言ったこと一度もねえぜ、やりたいからやってんじゃねえか、義務でやるんならやるなよ”って言うんです。

楽しくないのに野球やってるってどうなのよ、って今もそう思ってますよ。僕にとっての野球は最高のエンタメなんですよね。その視点でずっとバンバータを創ってきたので」

後編では、この東京バンバータが、東京ヴェルディと提携する話をお届けしたい。

(文中一部敬称略、後編に続く)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT