多趣味で「モノが山ほどある部屋」の整理5原則

まず初めに「愛とコンプレックス」を見分ける

多趣味でモノがたくさんある人の整理術を解説していきます(筆者提供)

あなたは、片づけが得意ですか?

基本的に、持ちモノが少なければ少ないほど、片づけは楽になります。「片づけの基本は捨てること」と言われるのも、そのためです。

捨てるのが苦手で、なかなか片づけが進まない方に共通するのが、趣味のモノが多いこと。「頻繁に使うわけではないけれど捨てられないモノ」は、趣味の数だけ増えていきます。今回は、多趣味の方に向けた片づけ方のコツを紹介していきます。

STEP1:「愛」と「コンプレックス」を見分ける
STEP2:「愛」に優先順位をつける
STEP3:愛が深いモノの、仕分け方
STEP4:愛が浅いモノの、置き換え方
STEP5:自宅にどうしても、入りきらないときは?

手にとってワクワクしないモノは、思い切って手放す

STEP1:「愛」と「コンプレックス」を見分ける

自分がよく収集しているモノは、「趣味の品」とひとくくりにしてしまいがちですが、人がモノを収集する理由は2種類あります。

1つ目は、「好きだから」。ずらっと並んだ漫画やコスメを眺めてうっとりし、手にしてまた幸せな気持ちになる。お友達と持ちモノを見せ合って盛り上がる。こうした所有は人生を豊かにし、部屋全体を明るくします。

そのビジネス書、持っていて幸せですか?(筆者撮影)

そしてもう1つは、「持たないと怖いから」。途中で挫折してしまった資格試験の資料や、ダイエット器具など……。なりたい自分になりたくてモノを買って、それでも思うように実現できなくて、また買い足して……という、いわゆるコンプレックス消費のアイテムは、誰でも部屋の中に潜んでいます。

こういったモノが視界に入ることで、日々の生活の覇気が奪われ、「やらなくてはならないことを先延ばしにしている自分」を潜在的に感じる要因になってしまいます。

手にとってワクワクしないモノは、思い切って手放しましょう。捨てるのが怖ければ、身の回りの人に貸したり譲ったりすることで、自分の部屋から解放しましょう。部屋の中の趣味のアイテムが、「すべて自分をワクワクさせるモノ」である状態を作ります。

次ページ次のステップは……?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。