多趣味で「モノが山ほどある部屋」の整理5原則

まず初めに「愛とコンプレックス」を見分ける

例えば私自身は、洋服・カバン・ガジェットが、「すぐ欲しくなって、すぐ飽きる」タイプです。飽きた瞬間に、気持ちよく手放せるよう流動性を高めることで、ため込まない部屋作りをしています。

流動性を高める方法としては、

①買って、メルカリで売る・人に譲る
②買わずに、レンタルで代用する

があります。私はレンタルでいろいろ試すようにしています。

STEP5:自宅にどうしても、入りきらないときは?

コレクション品は、インテリアとして飾る場合を除き、箱に詰めて押し入れ・クローゼットに収納することをおすすめしています。四角い箱型の容器に入れることで、積載効率が上がり、より多くのモノを詰め込むことができるためです。

多趣味の人も片づけを諦めないで

収納してみたうえで、もし自宅に入りきらなければ、思い入れが少ないモノを手放してモノを減らすか、外部収納サービスを利用するようにしましょう。

かさばるコレクションの外箱は外部の収納サービスを使うのもオススメ(筆者撮影)

1人暮らしの方などで、趣味のモノを置くことを優先し、居住スペースにもモノを積み上げてしまう方もいるかと思います。

国土交通省の住生活基本計画によると、1人暮らしの居住スペース(就寝・学習・食事・だんらん)は、最低でも4畳、理想的には9畳と、言われています。

『モノが多い 部屋が狭い 時間がない でも、捨てられない人の捨てない片づけ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

4畳を下回る面積で生活をしていては、ストレスがたまり、健康を害してしまいます。自分の生活スペースはしっかり確保したうえで、収納スペースに愛するモノから優先的に収納しましょう。

モノを集めることより経験に重きを置くミニマリストの方が増えていますが、モノを集めるのが趣味な方も、まだまだ多いはず。

モノを通じて誰かと仲良くなったり、親子で趣味を受け継いだりすることもあると思います。

多趣味・モノ持ちの方も片づけを諦めず、自分の気持ちを大切にしながら、スッキリした部屋づくりをしていきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT