多趣味で「モノが山ほどある部屋」の整理5原則 まず初めに「愛とコンプレックス」を見分ける

拡大
縮小
多趣味でモノがたくさんある人の整理術を解説していきます(筆者提供)

あなたは、片づけが得意ですか?

基本的に、持ちモノが少なければ少ないほど、片づけは楽になります。「片づけの基本は捨てること」と言われるのも、そのためです。

捨てるのが苦手で、なかなか片づけが進まない方に共通するのが、趣味のモノが多いこと。「頻繁に使うわけではないけれど捨てられないモノ」は、趣味の数だけ増えていきます。今回は、多趣味の方に向けた片づけ方のコツを紹介していきます。

STEP1:「愛」と「コンプレックス」を見分ける
STEP2:「愛」に優先順位をつける
STEP3:愛が深いモノの、仕分け方
STEP4:愛が浅いモノの、置き換え方
STEP5:自宅にどうしても、入りきらないときは?

手にとってワクワクしないモノは、思い切って手放す

STEP1:「愛」と「コンプレックス」を見分ける

自分がよく収集しているモノは、「趣味の品」とひとくくりにしてしまいがちですが、人がモノを収集する理由は2種類あります。

1つ目は、「好きだから」。ずらっと並んだ漫画やコスメを眺めてうっとりし、手にしてまた幸せな気持ちになる。お友達と持ちモノを見せ合って盛り上がる。こうした所有は人生を豊かにし、部屋全体を明るくします。

そのビジネス書、持っていて幸せですか?(筆者撮影)

そしてもう1つは、「持たないと怖いから」。途中で挫折してしまった資格試験の資料や、ダイエット器具など……。なりたい自分になりたくてモノを買って、それでも思うように実現できなくて、また買い足して……という、いわゆるコンプレックス消費のアイテムは、誰でも部屋の中に潜んでいます。

こういったモノが視界に入ることで、日々の生活の覇気が奪われ、「やらなくてはならないことを先延ばしにしている自分」を潜在的に感じる要因になってしまいます。

手にとってワクワクしないモノは、思い切って手放しましょう。捨てるのが怖ければ、身の回りの人に貸したり譲ったりすることで、自分の部屋から解放しましょう。部屋の中の趣味のアイテムが、「すべて自分をワクワクさせるモノ」である状態を作ります。

次ページ次のステップは……?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT