(第38回)大学別就職人気企業ランキング(大阪大学編)

現時点で、就職したい(就職してもいい)と思う企業(5社まで選択可)
<画像クリックで拡大>

※こちらの回答にあたっては、用意した候補企業リスト約800社から選択するほか、自由に社名を記入することもできる形式とした。
 総投票数は3363票。5社すべてを記入しなかった学生もおり、1人当たりの平均回答社数は4.19社。まずは、文理合計の総合順位で見てみよう。大阪大学で最も人気を集めたのは、パナソニック。2位には関西電力が食い込んできたが、3位以下を見ると、3位 ソニー、4位 シャープ、5位 サントリー、6位 富士フイルムとメーカーが続く。7位 伊藤忠商事、8位 三井住友銀行を挟んで、9位 旭化成、トヨタ自動車と続き、ベスト10内のうち7社をメーカーが占める結果となった。11位以降を見ても、11位 日立製作所、13位 三菱重工業、16位 旭硝子、18位 東芝とメーカーが健闘している。関東圏の調査では上位にランクインしがちなマスコミは、59位の電通、講談社が最高。堅実な校風が窺えるランキングだといえよう。
 また、関西地盤の企業が多いことも大きな特徴だろう。エコカーで若干の盛り返しを見せてはいるが、世界同時販売不況にあえぐトヨタ自動車が9位にランクインしたのは、大健闘といえる。愛知県も広い意味で関西圏というとらえ方になるのか。

 次に、理系学生の人気企業はどうか。1位は総合ランキングと同じくパナソニック。次いで、シャープ、ソニーと「総合電機・家電」メーカーが上位を独占した。4位にはインフラ系企業として人気が高い関西電力が入ったが、5位 日立製作所、10位 三菱電機と、ベスト10の半分を「総合電機・家電」メーカーが占めた。志望業界ではトップだった「化学」からは、6位に旭化成と富士フイルムが同数で入るにとどまった。志望企業ということでは、票がかなり分散してしまったのかもしれない。その他、16位の島津製作所、22位のカネカ、あるいは21位の大阪ガス、27位のJR西日本など、関西地区ならではのランキング結果となった。

 一方の文系学生のランキングを見てみると、伊藤忠商事が堂々の1位を獲得。志望業界としても支持が最も多かった「商社」からは、8位に丸紅と三井物産が同数でランクインしたほか、12位 三菱商事、17位 住友商事と、ベスト30に合わせて5社がランクインする強さを見せた。「銀行」では、三井住友銀行が3位、三菱東京UFJ銀行が6位に入ったものの、みずほフィナンシャルグループは100位圏外に低迷した。他大学と比べて、大阪大学では人気がないようである。深刻な経営危機にある日本航空が28位にランクインしているのには、少し理解に苦しむ。公的資金活用を含めてこれだけ騒がれているのにもかかわらず、この位置にあるということは、学生はあまりニュースに関心がないということか。
 そのほか、ベスト30には日清食品、阪急電鉄、ダイハツ工業、大阪ガスなど、関西ならではの企業も顔をのぞかせている。ダイハツ工業とトヨタ自動車が同数の得票というのも面白いデータである。

 次回は九州大学の学生の就職意識をリポートする。

「採用プロ.com」の「調査・分析レポート」コーナーにその他の調査結果を収録しています。
採用プロドットコム株式会社
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
採用担当者、教育・研修担当者のための専門サイト「採用プロ.com」を運営。新卒、中途、派遣・アルバイト、教育・研修、全般などの採用活動に役立つニュース、情報、ノウハウを提供している。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT