(第38回)大学別就職人気企業ランキング(大阪大学編)

●就職人気の第1位は「パナソニック」

 現在、志望している業界(3つまで選択可)


 業界を3つ選択しなかった学生もおり、1人当たりの平均業界選択数は、理系2.75、文系2.86。大阪大学の理系学生で最も志望者が多かった業界は、120人から支持を受けた「化学」。次いで、「総合電機・家電」107人、「医薬品・化粧品」100人、「食品・食料品」84人の順。1位の「化学」こそ東京工業大学と同じであるが、2位以下は違う傾向を示した。次設問の結果を見てもわかるように、パナソニック、シャープといった関西地盤の大手メーカー人気から、「総合電機・家電」が引き上げられた形になっている。東京工業大学で2位につけた「情報処理・ソフトウェア」は、11位という結果になった。関西地盤の魅力あるソフトウエア企業が少ないことが影響した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT