サウジが飲食店閉鎖、政府業務も大半停止

カタールやオマーンでも入国制限へ

 3月16日、サウジアラビアは15日、ショッピングセンターやレストランなどを閉鎖したほか、大半の政府業務を停止すると明らかにした。写真はサウジアラビアで10日撮影(2020年 ロイター)

[リヤド/ドバイ 15日 ロイター] - サウジアラビアは15日、ショッピングセンターやレストランなどを閉鎖したほか、大半の政府業務を停止すると明らかにした。カタールやオマーンでも入国制限が導入されるなど、湾岸アラブ諸国は相次いで新型コロナウイルスの感染拡大防止策と景気支援の強化に動いている。

サウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、カタールでは15日にいずれも新たな感染者が確認されており、湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国の感染者は累計963人となった。死者は出ていない。

累計感染者が401人のカタールは、18日から2週間にわたって外国人の入国を禁止すると発表した。さらに、750億リヤル(約205億ドル)規模の民間セクター向けインセンティブのほか、国内取引所での政府系ファンドの投資拡大を盛り込んだ景気支援策を打ち出した。

オマーンは、17日以降はGCC加盟国以外の国民の入国を禁止すると発表。金曜礼拝や結婚式などのイベント中止、公園の閉鎖を命じた。

サウジでは感染者が15人増加、累計118人となった。地方政府はツイッターで、ショッピングセンターやレストラン、コーヒーショップ、公園の閉鎖を指示した。スーパーマーケットや薬局、食品配達は営業を継続する。アルアラビーヤTVは、全土に適用されるとしている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。