サウジが飲食店閉鎖、政府業務も大半停止

カタールやオマーンでも入国制限へ

 3月16日、サウジアラビアは15日、ショッピングセンターやレストランなどを閉鎖したほか、大半の政府業務を停止すると明らかにした。写真はサウジアラビアで10日撮影(2020年 ロイター)

[リヤド/ドバイ 15日 ロイター] - サウジアラビアは15日、ショッピングセンターやレストランなどを閉鎖したほか、大半の政府業務を停止すると明らかにした。カタールやオマーンでも入国制限が導入されるなど、湾岸アラブ諸国は相次いで新型コロナウイルスの感染拡大防止策と景気支援の強化に動いている。

サウジ、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン、カタールでは15日にいずれも新たな感染者が確認されており、湾岸協力会議(GCC)加盟6カ国の感染者は累計963人となった。死者は出ていない。

累計感染者が401人のカタールは、18日から2週間にわたって外国人の入国を禁止すると発表した。さらに、750億リヤル(約205億ドル)規模の民間セクター向けインセンティブのほか、国内取引所での政府系ファンドの投資拡大を盛り込んだ景気支援策を打ち出した。

オマーンは、17日以降はGCC加盟国以外の国民の入国を禁止すると発表。金曜礼拝や結婚式などのイベント中止、公園の閉鎖を命じた。

サウジでは感染者が15人増加、累計118人となった。地方政府はツイッターで、ショッピングセンターやレストラン、コーヒーショップ、公園の閉鎖を指示した。スーパーマーケットや薬局、食品配達は営業を継続する。アルアラビーヤTVは、全土に適用されるとしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT