自宅でも「仕事が捗る部屋」を作る3つのルール

ちょっとの工夫で業務効率は格段にアップ!

食卓をデスクとして使う方は、特に注意が必要です。仕事中にも洗っていない食器やコンロの汚れが視界に入り、ついつい家事を始めてしまうなんてことも。物理的にアーカイブできないモノは、付箋に「21時:食器洗い」といった具合にタスクと締め切りを書き留め、冷蔵庫に貼っておくことで、「今処理したい」と思う衝動を抑えることができるのでオススメです。

コードは内容別にジッパー付きバッグに入れるのがオススメ(筆者撮影)

ちなみに「絡まったコード」も、毎回解く手間が発生するため、イラっとする要因に。

在宅勤務では充電器や延長コードを使う機会が普段よりも多いので、内容別にジッパー付きバッグに入れることで、気持ちよく出し入れできますよ。

ルール3:「聖域」を作る

ご家族と生活している方からは、「仕事場所と、家族の生活導線がかぶってしまい、生活音が気になる」という声も聞いています。確かに個人の部屋がない方にとっては、仕事中も家族の動きがつねに見える形になり、落ち着かないのも自然なことです。

ラグマットや家具、植物を活用

そして、ザイマックス不動産総合研究所によると、2019年の東京都内1人あたりのオフィス床面積は3.7坪(約6.7畳)とのこと。ご自宅の畳数を人数で割り算していただくとわかると思いますが、「物理的にオフィスよりも手狭で息苦しい」という方も、多いかと思います。

物理的に床面積は増やせないとしても、「聖域」を作ることで、心理的に部屋を広く感じることができます。作業中は「ここは自分の領域だから入らないで」というエリアを意識的に作るのです。

ここで便利なのがラグマット。家具や植物を目印に使ってもいいでしょう。「仕事中はこのスペースには立ち入らない」というルールをあらかじめ家族で共有しておきます。

ラグマットで「聖域」を意識的に作る(筆者撮影)
次ページ生活音の対策は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT