簡単!部屋が散らからない人の「習慣とコツ」

ライフハックの達人の整理整頓術

ライフハックの達人はどうやって整理整頓しているのでしょうか(写真:mykeyruna / iStock)
年末年始に家も仕事も「大掃除」をした人も多いと思いますが、毎日を快適に過ごすことができていますか? 生活・仕事で使えるワザを網羅する『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』を書いた、研究者でブロガーの堀正岳氏に「快適生活のコツ」を紹介していただきます。

片づけを始める前にスマホで撮影

気をつけていても、すぐ部屋やデスクが散らかってしまう――。そんな悩みを持つ人は少なくないはずです。

みなさんは整理整頓をするときに、なんとなく目についたところから手を付けていないでしょうか。しかし、どんな部屋にしたいのか、イメージがないまま手を動かしても達成感はなかなか得られませんし、思いどおりに整理できたという楽しさは生まれません。

そこでおすすめしたいのが、スマートフォンを取り出して「部屋の写真を撮影するところから始める」方法です。

机の上、引き出しの中、部屋の様子など、整理したい場所を撮影したら、写真の編集機能を利用して「このような部屋にしたい」というイメージを画像に直接書き込んでおきます。

「このような部屋にしたい」というイメージを画像に書きこむ(筆者撮影)

こうして写真にして見てみると、部屋の様子を客観視できるため問題点が浮かび上がってくることに気づくはずです。あとはこの写真を、ビフォー・アフターのビフォーと考えて、理想の状態(アフター)に向かって作業してゆくように整理します。

整理ができたなら、終了したときの状態も撮影して保存しておくとよいでしょう。引き出しの中や、本棚の並びなど、「この状態が正解」という配置があれば、次に整理するときに楽することができます。

次ページ「机の表面は聖域」と考える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。