簡単!部屋が散らからない人の「習慣とコツ」

ライフハックの達人の整理整頓術

空間を意識して整理をしているし、毎日少しずつものを捨てていても、どうしても捨てられないものが増えてゆく――。そうした場合には最終手段があります。「置き場所を借りてしまう」という方法です。そこまでして、と思われるかもしれませんが、捨てられないのなら仕方がありません。

『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

たとえば寺田倉庫が運営しているMinikuraというサービスでは、箱一つ分の荷物を預けることができるminikura HAKO(月200円)と、箱の中身を30カットの写真でウェブ上から確認できるminikura MONO(月250円)というサービスを提供しています。たとえば小さな物置きの内容量に相当する10箱分の荷物を預けたとしても月額2000~2500円です。普段は利用しないものの、捨てることができないコレクションなどを保管するのに最適なのです。

手元に置くのでも捨てるのでもない第3の選択があるだけで、必要に応じて、いくらでも、少ない手間で荷物を預けて運用することが可能になります。

空間を意識することで整理整頓に利用できる

ここまで紹介したとおり、私たちの身の回りには空間を意識することでまだまだ整理整頓に利用することができる場所が残っています。

また、デジタル化できるものはどんどんデータ化することで部屋から追い出すこともできます。これもまた、部屋という空間のなかにどれだけの情報を置くかを意識する習慣といっていいでしょう。

ぜひここで紹介した例を参考に、快適で利用しやすい部屋やオフィスを実現していただければと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。