派遣から正社員になれた40代女性が悩むワケ

やりたい「広報」から希望しない部署に異動

派遣社員から契約社員を経て、ようやく正社員になれたけれど……(studio-sonic/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

初めまして。40代独身女性です。
やりたい仕事(広報)ができるなら非正規でもいいと思って今の会社に派遣として7年、契約社員として7年、その後、正社員雇用されました。
ただ、希望しない部署(経理含む庶務)に異動になってしまいました。引き継ぎもほとんどなく慣れない仕事で毎日ミスがあり、同じ年でプロパー正社員の女性から陰口をたたかれて会社に行くのがつらい状況です。
広報への異動を申し出、広報室長からも欲しいと直々に言われましたが現部署の上司からは人手不足を理由に出させてもらえませんでした。
せっかく正社員になりましたが、また派遣などで広報職を探すべきか、我慢してここにとどまるべきか悩んでおります。
また、それとは別で10代の頃から青年海外協力隊としてボランティア活動したいという思いがあります。会社にはボランティア休暇の制度があるため休職が可能ですが、その分キャリアは積めず戻ったときに現状よりさらに苦しい立場になる気がしております。つまらない悩みと思われるかもしれませんが、40代の進路としてアドバイスいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
一般職庶務 43

万人に当てはまる正解や王道はない

ご自身の人生を考えた際に、何が自分にとってより重要なのか、そういった自分自身の価値観に基づき判断をされるといいでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

頂戴した相談を拝見するに、43さんは正社員というステイタスにそこまでこだわりがあるわけではないと察します。その一方で、これまでのキャリアを通じても、また広報関係の仕事を始め、ご自身で現在お持ちのボランティア活動という具体的な夢も含め、「やりたいことをやる」に重きを置いているように見受けられます。

その意味では、43さんの価値観としては「やりたいことができる充実感>安定感」という図式なのだと思います。

それにもかかわらず、現状はご自身にとってやりがいを感じにくい仕事に従事してしまっているがゆえに、ご自身の価値観と異なる行動となってしまっており、モヤモヤした感じを持ってしまっている、ということかと思われます。

つまり、ご自身で持っている思考や価値観と行動および現状が不整合を起しているがゆえの消化不良であり、悩みであると思われます。本連載でも何度も申し上げておりますが、キャリアや人生には万人に当てはまる正解や王道は存在しません。

次ページ自分ならではの正解を追及し続ける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT