「ブレスト」と「井戸端会議」の決定的な分かれ道

まずは「主催者」「参加者」を明確にしよう

意見に対して揚げ足取りのような指摘を禁じ、自由にものが言えない雰囲気をどのようにして解消するかも重要である。例えば、わざと役職ではなく「〇〇さん」のように呼び合うことをルールにしたり、あえて職場ではない場所でブレストを行ったりと、「非オフィシャル感」を演出するような雰囲気づくりも効果的だ。

2. 相手を否定しない

ブレストで失敗するのは、いつの間にか意見を否定する方向に流れることだ。

「今の話は、たいして面白くないのでは?」

「それってイマイチだよね」

こうした否定的な空気が流れると、意見を言いにくくなり、出るアイデアの幅も確実に狭くなり、常識的なものや、現状の延長にすぎないものばかりになる。

人は新たなアイデアを思いつくより否定するほうが楽だから、意識しないと否定する方向に走りがちだ。アイデアが出ず、発言がなく、会議に参加できている感じがしないと、自分の存在感を出すために無理して発言するようなパターンも少なくない。そして、否定は連鎖して、無意識に否定的な発言が次々と生まれやすい。

何より否定されると、人は萎縮してしまい意見を言わなくなる。参加者の誰かがひと言でも否定の言葉を口にした瞬間に、ブレストを殺す。もしも否定的な発言しかできないのなら、そのようなタイプの人は、ブレストに呼んではいけない。

3. 主催者を明確にし、参加者は主催者を支援する

アイデアに行き詰まった結果、漠然と「ブレストでもしますか」と始めることも少なくないのではないだろうか。何となくアイデアや意見を出し合うようなケースだ。

だが、ブレストがうまくいくためには、「誰のためのアイデア出しなのか」をあらかじめ明確にすることが重要である。つまり、ブレストの主催者が存在するべきなのだ。そのブレストの主催者がリーダーシップをとる。もし、主催者がいない状態でブレストを行うと、出口もなく、アイデアの取捨選択もできない。

主と従を明確にする、ブレスト前のあいさつ例

主催者の存在を理解してもらいやすいように、理想的なブレストを始める際のあいさつを紹介する。

“「本日は、ブレストにお集まりいただき、ありがとうございます。事前にお伝えしたとおり、私は、今回の企画を任されたので、前年までの内容はすべて調べ、いろいろと考えてみました。その過去の内容が、事前にお渡しした資料です。ただ、前年までのものもかなりの完成度ではないかと感じており、さらによくするために何をすべきなのか、恥ずかしながらなかなか思い浮かばないのです。それで、この件を考えていただけそうな方に声をかけさせていただきました。みなさん、お知り合いなので、安心して話していただけると思います。ぜひ今日は、たくさんのアイデアや改善するための視点をお願いします」”

このように主催者が言うことで、主と従が明確になり、それぞれの役割と責任が明確になるのだ。主催者には、そのブレストの会議を取り仕切る責任があり、参加者には、「支援者」としてとにかくアイデアを出すという責任がある。だから、主催者が全体をリードする。ブレストの場をつくり、「心理的安全性」を確保し、会議の価値を高める責任は、主催者にあるのだ。

次ページ主催者が果たすべき役割
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT